株式会社タッチパネル研究所


セミナーのご案内

タッチパネルの無料セミナー開催のお知らせ

 私達の身のまわりには、スマホ、タブレット、ナビ、ゲーム機、ATM、券売機などタッチパネルを搭載した製品があふれています。iPhoneの発売以来タッチパネル業界の技術は急速に進歩し、最近では腕時計型の端末も発売になり、タッチパネルに関する技術と知識の重要性が再認識されています。
 タッチパネル研究所は1998年の創業以来、業界の発展と共に歩み続けて参りました。そして、タッチパネル業界の健全な発展とタッチパネル製品の普及および社会貢献の一環として、2015年よりタッチパネルの初歩から応用、材料分野に至る多様なセミナーを無料で開催しております。
 貴社の新入社員、技術者、営業担当者の基礎知識や技術動向等修得の機会としてお役立てていただければ幸いです。


ご希望の開催地をクリックしてください >> 東京大阪

東京セミナー

セミナー
区分
講師 テーマ 概要 開催日時
参加お申し込み
第1回 中谷 健司
(タッチパネル研究所)
タッチパネルの種類と原理(静電容量式を中心に抵抗膜式・光学式TPの基礎を含む) タッチパネルには大きく分けて抵抗膜式、光学式、超音波式、静電容量式の4種類のパネルがありますが、その構造と動作原理の違いを解説します。特に市場規模が大きくなっている静電容量タッチパネルに関しては、構造・原理と共に感度のよいタッチパネルを作成するための要因などを詳しく説明します。 4月18日(木)
14:00~16:00
※セミナー終了
第2回 林 秀介
(TSR)
車載用ディスプレイの市場動向 車載用ディスプレイは、クラスター、CIDを中心に1億枚を超える市場を形成、今後は電子ミラーやデジタルコックピットなどが増加しさらなる成長が期待されています。本講演ではパネルサプライヤーの動向を交え、最新の車載ディスプレイ市場の動向を解説します。 5月22日(水)
13:30~16:35
※セミナー終了
當摩 照夫
(技術コンサルタント)
有機ELディスプレイの基礎とSID最新情報 いよいよFoldable OLED 搭載のスマホが市場に登場、ディスプレイの自由度が飛躍的に向上して、携帯デバイスの新規な形状、使用法が大きく広がることが期待されます。しかし、現状のOLEDはまだまだ制約が多く、価格も高い。あらためてOLEDの特長、短所を基礎に戻って把握する必要があります。
5月13~17日に米サンノゼにて開催されるSID2019での最新技術開発動向も踏まえて、有機ELの今後を予測、概観します。
第3回 西川 武士
(タッチパネル研究所)
光学式タッチパネル
~赤外線を使った様々なタッチパネルの動作説明と別方式との比較~
スマートフォンやタブレット製品など、私たちの身の回りにはタッチパネルが使用された製品であふれかえっており、それらのほどんどは静電容量方式と呼ばれるタッチパネルです。それに反して工作機械などの産業用途には今も光学式や抵抗膜、超音波方式といったタッチパネルが多く使用されています。今回は目覚ましい進化を遂げている光学式タッチパネルについて静電容量方式との比較を交えて説明します。 6月20日(木)
14:00~16:30
※セミナー終了
町田 聡
(アンビエントメディア 代表)
プロジェクションマッピングとXR技術の基礎 プロジェクションマッピングをはじめ、VR、AR、MR(以下総称してXRといいます)と様々な表現技術が登場してくる中、それらの話題は飛び交うものの、その違いや実態は分かりにくくなってきています。本セミナーでは、それらの関係や違いを俯瞰して理解し、それぞれの特性にあった使いどころを紹介していきます。
第4回 中谷 健司
(タッチパネル研究所)
メタル系静電容量タッチセンサー タッチパネル市場の大部分を占める静電容量式タッチパネルの現在の課題は感度向上と大型化に対応した、可とう性を有するパネル材料(透明電極フィルム)として何が好ましいかです。メタル系(メタルメッシュ、ナノワイヤー塗工膜、ナノ粒子塗工膜)センサーフィルムが低抵抗で且つ 曲面、可とう性用途に適した材料であることを解説します。又、メタル系センサーの作成方法も10種以上が提案されており、その利点、問題点も同時に解説します。 7月23日(火)
14:00~16:30
※セミナー終了
浅川 雄一
(レーザーシステム)
レーザー加工の特徴とタッチパネル・FPD製造におけるレーザー加工 レーザー光が発明されて60年が経過し、近年ではレーザー光源の豊富な種類、 および、高出力化、短波長化、短パルス化により、その用途は照明、印刷、通信のみならず、ディスプレイや半導体の製造や検査工程にも用いられるようになりました。本講演では、レーザー光による加工工法の特徴と、その特徴を活かしたタッチパネルやFPD製造におけるレーザー加工の活用を紹介します。また、今後の技術動向と弊社の取り組みに関して紹介します。
第5回 大久保 洋常
(AGC)
AGCの「インフォベール®」とディスプレイ用ガラス 近年街のいたるところで見かけるようになったデジタルサイネージは、情報発信や空間演出、双方向コミュニケーションの場として、急速に普及しつつあります。本セミナーでは、デジタルサイネージに用いられる液晶ディスプレイ用のガラスについて簡単に解説した後、建物の窓ガラス、外壁ガラス、内装ガラス等、様々な空間に溶け込んだデザインを提案できる、AGCの「インフォベール®」について、その商品コンセプトや技術・特徴について紹介します。 9月12日(木)
14:00~16:30
※セミナー終了
山崎 繁
(オプトデバイス研究所)
照明用LEDの基礎~デバイスから応用製品まで 本講演ではLED素子の開発の歴史、最近のLED素子の技術動向、LED照明の市場・技術動向とその現状及び将来予測などを中心にわかりやすくご報告させていただきます。また、弊社の簡単な紹介と弊社が製造している反射型LEDの応用についてもご紹介させていただきたいと思います。
第6回 中谷 健司
(タッチパネル研究所)
曲面可とう性静電容量タッチパネル タッチパネル市場の大部分を占める静電容量式タッチパネルの市場は可とう性を生かした分野へと拡大しています。可とう性を有するパネル材料(透明電極フィルム等)、構造として何が好ましいかを議論し、可とう性(Foldable,Rollable)パネルに必要なセンサー特性としてメタル系(メタルメッシュ、ナノワイヤー塗工膜、ナノ粒子塗工膜)センサーフィルムや可とう性を生かした成型方法などを解説します。 10月11日(金)
13:30~16:30
※セミナー終了
鵜飼 育弘
(技術コンサルタント)
SID2019見聞記~ディスプレイ・タッチパネルの技術動向~ Display Week 2019は5月12日から17日迄、San Jose McEnery Convention Centerで開催されました。シンポジュームおよび展示会への参加者数は約8000人で、投稿論文数も過去10年間で最多でありました。講演者が参加した中から注目した基調講演(サムスン)、シンポジューム(FPD技術ロードマップなど)および展示会から各社の最新ディスプレイ関連技術を紹介します。
第7回 服部 寿
(分析工房)
有機ELディスプレイ産業の現状と動向 スマーフォンではSamsung、Huwaiの大手メーカから折り曲げ可能な有機ELディスプレイ(OLED)を採用した最新製品が発表され、さらに有機ELテレビも普及が拡大して、ディスプレイも新しい時代を向かえています。中国でもディスプレイ新時代に向けて官民を挙げて強化しており、積極的な投資が行われています。本セミナーでは韓国・中国のディスプレイ産業の技術動向・部材動向を中心に分析を行います。 11月12日(火)
13:40~16:30
※セミナー終了
新谷 紀雄
(物質・材料研究機構)
グラフェンの最新技術動向 グラフェンは炭素原子1個の厚さで、高強度・高導電性・高熱伝導性等の優れた物性、表面への分子修飾による機能付加など、材料やデバイス素材として魅力的で、材料開発や高機能化等に用いられています。グラフェンの構造・機能・特徴、作製法を解説し、安価なグラファイトから低コスト量産可能な溶液塗布法やCVD法による大面積シート化によるグラフェン透明導電膜の作製法や太陽電池やタッチパネルへの応用についても紹介します。
第8回 倉西 英明
(倉西技術士事務所)
電子機器のノイズと対策 電子機器のノイズ対策は、電磁気学の高度な応用であるためとっつきにくく、また、属人的な面もあって、詳しいベテランの退職後はさらに習得が大変です。規格適合のためにはEMC試験にも合格しなくてはならず、苦労します。このセミナーでは、そのような方々を対象に、数式を極力使わず、「ノイズとは何か」から始めて、電子機器のノイズ対策はどう行ったらよいのか、といったことを対策設計例を交えてお話しします。 12月10日(火)
14:00~16:30
※セミナー終了
藤田 卓
(機能性ガラス研究所)
タッチパネル・ディスプレイ用薄板ガラスの近況と技術動向 タッチパネル・ディスプレイ用ガラスは表示パネルのサプライチェーンでの重要部材と位置付けられます。フレキシブルかつ極薄タイプへの開発が進み、折れ曲がるディスプレイの開発において、極薄ガラスについては製板技術の進歩とスリミング技術の汎用化、化学強化技術の進展により、折り曲げ半径の小さい材料の量産化が現実味を帯びてきました。これらの状況を踏まえてディスプレイ用ガラスの全体像を紹介します。
第9回 青崎 耕
(FT-NET)
ディスプレイ用光学フィルムの基礎~最新動向 光学フィルムは、LCDをはじめとして欠かせない機能を果たしており、全世界で数兆円(年間)という巨大な市場を形成しています。当セミナーでは、①光学フィルム用透明樹脂について紹介し、②各種光学フィルムの基礎原理・特徴や、技術・市場動向(車載を含む)等について解説し、③新方式ディスプレイ(量子ドット、有機ELやμLEDなど)を含めた将来の光学フィルム動向を展望します。また、講師の専門である「フッ素化学」が光学フィルムに果たす役割についても紹介します。 2020年
1月17日(金)
14:00~16:30
参加お申込み受付中
多々見 央
(東洋紡)
透明導電性フィルムの高温高湿耐久性・フレキシブル性の向上検討 透明導電膜としてITO(スズドープ酸化インジウム)がプラスチックフィルムに成膜された透明導電性フィルムがタッチパネルでよく使用されています。プラスチックフィルム基材に成膜されたITO膜には課題があります。高温高湿下において抵抗値が安定しないことや、フレキシブル性と物理的耐久性の両立が困難なことが挙げられます。プラスチックフィルムとITO膜の界面、ITO膜の構造などに着目し、課題解決の方策について解説します。
第10回 阿部 誠之
(旭化成)
R2Rナノパターニング技術   2020年
2月18日(火)
14:00~16:30
参加お申込み受付中
竹田 諭司
(MirasoLab 代表)
ガラスに関わる接着・接合技術
~ディスプレイ&自動車を中心に~
 

※未定については、決まり次第掲載いたします。

会場

中小企業会館
〒104-0061 東京都中央区銀座2-10-18
地図 >> https://www.tokyo-kosha.or.jp/kosha/office/chusho.html

主催

株式会社タッチパネル研究所 セミナー事務局
TEL:042-666-6686

参加料金

無料

定員

各セミナー 先着100名様
※定員に達し次第受付を終了いたします。
ただし、定員に達しても【キャンセル待ち】で参加お申込みを受付けることがあります。

大阪セミナー

セミナー
区分
講師 テーマ 概要 開催日時
参加お申し込み
第1回 中谷 健司
(タッチパネル研究所)
タッチパネルの種類と原理(静電容量式を中心に抵抗膜式・光学式TPの基礎を含む) タッチパネルには大きく分けて抵抗膜式、光学式、超音波式、静電容量式の4種類のパネルがありますが、その構造と動作原理の違いを解説します。特に市場規模が大きくなっている静電容量タッチパネルに関しては、構造・原理と共に感度のよいタッチパネルを作成するための要因などを詳しく説明します。 5月14日(火)
13:30~16:30
※セミナー終了
佐伯 和幸
(SCREENラミナテック)
曲面貼り合わせ技術 昨今、曲面カバーパネルへデバイスを貼り付けたいとの相談が急増しております。特に車載ディスプレイにおいては高い品質保証が求められるため、光学材料と貼り合わせプロセスのマッチングが重要です。また、設備選定においては、デザイン要素が絡むため1台の装置でどこまで対応させるかが重要です。本講演では、材料や設備の選定に役立てて頂くために、光学材料の動向や貼付け技術(平面貼り、曲面貼り)を詳細に解説致します。
第2回 中谷 健司
(タッチパネル研究所)
メタル系静電容量タッチセンサー タッチパネル市場の大部分を占める静電容量式タッチパネルの現在の課題は感度向上と大型化に対応した、可とう性を有するパネル材料(透明電極フィルム)として何が好ましいかです。メタル系(メタルメッシュ、ナノワイヤー塗工膜、ナノ粒子塗工膜)センサーフィルムが低抵抗で且つ 曲面、可とう性用途に適した材料であることを解説します。又、メタル系センサーの作成方法も10種以上が提案されており、その利点、問題点も同時に解説します。 9月19日(木)
13:30~16:30
※セミナー終了
沖本 真也
(グローバルインフォメーション)
マイクロLEDディスプレイ産業の動向 究極のディスプレイと言われながら、その技術ハードルの高さから実現性が疑問視されてきたマイクロLEDディスプレイが、「穏やかな」熱狂とともに、市場に投入されはじめています。「自動運転」、「遺伝子編集」、「5G」、「ウェアラブル」、「マイクロバイオーム」、「ブロックチェーン」、「データ&サイバーセキュリティー」等がエマージングテクノロジーとして挙がる中、何故、今、ディスプレイなのでしょうか?またTV、スマートフォンを中心にLCD、OLEDが浸透している中でマイクロLEDである必然性はあるのでしょうか?マイクロLEDディスプレイを取り巻く環境は、先進ディスプレイメーカーのプライドや国策、スタートアップ企業の挑戦、プラットフォーマーを含めた巨人企業たちの陣地取り合戦などが複雑に絡み、単純にLCD、有機ELとの比較では語れない状況になっています。マイクロLEDを取り巻く最新のマーケットトレンドはもちろんのこと、ディスプレイの領域に限らず、幅広い視点からマイクロLEDの可能性について発表いたします。
第3回 中谷 健司
(タッチパネル研究所)
曲面可とう性静電容量タッチパネル タッチパネル市場の大部分を占める静電容量式タッチパネルの市場は可とう性を生かした分野へと拡大しています。可とう性を有するパネル材料(透明電極フィルム等)、構造として何が好ましいかを議論し、可とう性(Foldable,Rollable)パネルに必要なセンサー特性としてメタル系(メタルメッシュ、ナノワイヤー塗工膜、ナノ粒子塗工膜)センサーフィルムや可とう性を生かした成型方法などを解説します。 11月19日(火)
13:30~16:30
※セミナー終了
鵜飼 育弘
(技術コンサルタント)
SID2019見聞記~ディスプレイ・タッチパネルの技術動向~ Display Week 2019は5月12日から17日迄、San Jose McEnery Convention Centerで開催されました。シンポジュームおよび展示会への参加者数は約8000人で、投稿論文数も過去10年間で最多でありました。講演者が参加した中から注目した基調講演(サムスン)、シンポジューム(FPD技術ロードマップなど)および展示会から各社の最新ディスプレイ関連技術を紹介します。
第4回 青崎 耕
(FT-NET)
ディスプレイ用光学フィルムの基礎~最新動向 光学フィルムは、LCDをはじめとして欠かせない機能を果たしており、全世界で数兆円(年間)という巨大な市場を形成しています。当セミナーでは、①光学フィルム用透明樹脂について紹介し、②各種光学フィルムの基礎原理・特徴や、技術・市場動向(車載を含む)等について解説し、③新方式ディスプレイ(量子ドット、有機ELやμLEDなど)を含めた将来の光学フィルム動向を展望します。また、講師の専門である「フッ素化学」が光学フィルムに果たす役割についても紹介します。 2020年
2月7日(金)
14:00~
参加お申込み受付中
佐伯 和幸
(SCREENラミナテック)
   

※未定については、決まり次第掲載いたします。

会場

大阪産業創造館
〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5
地図 >> http://shisetsu.sansokan.jp/access.html

主催

株式会社タッチパネル研究所 セミナー事務局
TEL:042-666-6686

参加料金

無料

定員

各セミナー 先着40名様
※定員に達し次第受付を終了いたします。
ただし、定員に達しても【キャンセル待ち】で参加お申込みを受付けることがあります。

過去セミナー情報

2018年度(東京セミナー)
講師 セミナー内容
中谷 健司 タッチパネルの種類と原理
廉澤 教雄 デジタルサイネージ用大型タッチパネル
島村 徹也 電子機器・通信機器のノイズとその対策
大薗 剣吾 スパッタリング薄膜技術の基礎
鍵田 年宏 最新ディスプレイ動向と当社の関連材料
山木 繁 銀ナノワイヤの開発
當摩 照夫 有機ELディスプレイの現状と今後の動向
~ SID2018 に見る最新動向 ~
久保 仁志 銀インクを使ったタッチセンサー(メタルメッシュ)の開発
鵜飼 育弘 車載用タッチパネルの最新技術動向
服部 寿 中国におけるOLED産業の動向
秋野 欣正 タッチパネルを活かすプラットフォームの紹介
中谷 健司 曲面・可とう性タッチパネル
佐野 裕樹 高精細スクリーン印刷のポイントとFPDへの応用
鵜飼 育弘 SID・2018報告記
沖本 真也 2019年マイクロLEDディスプレイ産業トレンド
鵜飼 育弘 マイクロLEDの技術動向
青崎 耕 ディスプレイ向け光学フィルムの基礎と市場
~LCDからOLED、μLEDまで展望~
佐伯 和幸 曲面貼り合わせ技術(OCA中心に)
2018年度(大阪セミナー)
講師 セミナー内容
中谷 健司 メタル系静電容量タッチセンサー
鵜飼 育弘 車載用タッチパネルの最新技術動向
三井 悟 タッチパネルレーザ加工技術とディスプレイの市場動向
林 秀介 FPDの市場動向(車載用ディスプレイ含む)
西川 武士 タッチパネルの基礎と原理
中谷 健司 曲面・可とう性タッチパネル
藤田 卓 ディスプレイ用ガラスの基礎知識とタッチパネルへの展開
服部 寿 中国のOLED産業の動向
大薗 剣吾 スパッタリング薄膜技術の基礎
廉澤 教雄 デジタルサイネージ用大型タッチパネル
2017年度(東京セミナー)
講師 セミナー内容
吉田 明 タッチパネルの基礎:タッチパネルの種類と原理
抵抗膜式タッチパネルの原理と用途
中谷 健司 静電容量式タッチパネルの基礎
林 秀介 LCD/OLEDの市場とタッチパネルの最近の動向
西川 武士 光学式タッチパネルの基礎
川田 宏之 大型ディスプレイの現状とプロジェクションマッピング
御子柴 均 透明導電性フィルム(抵抗膜、静電容量式導電フィルム)
馬場 洋三 レアメタル・レアアース
中谷 健司 メタル系静電容量タッチセンサー
廉澤 教雄 タッチテーブルの概要と応用
網盛 一郎 スマートアパレル(服型デバイス)e-skinによる未来社会
山木 繁 銀ナノワイヤ透明導電フィルムの開発
松島 聡 FULL ACTIVETM FLEX (シートLCD)の開発と展望
大井 祥子 新たな市場ニーズにより注目されるタッチパネル技術最新動向(オンセルインセル・フレキシブル・狭額縁・生体認証・メタルメッシュセンサー・ペン入力・他)
中谷 健司 曲面・可とう性タッチパネル
三井 悟 タッチパネルレーザ加工技術とディスプレイの市場動向
當摩 照夫 有機ELの基礎と最新動向
齋藤 将之
渡邊 篤
タッチパネル配線材料と薄膜技術
藤田 卓 ディスプレイ用ガラスの基礎知識とタッチパネルへの展開
中野 雅司 常温接合技術と有機EL製造工程への応用
2017年度(大阪セミナー)
講師 セミナー内容
鵜飼 育弘 インセル型タッチパネルの
基礎技術とフレキシブルタッチパネル
原 浩司 拡大するフレキシブル・デバイスの後半工程と製造プロセスの自動化
中谷 健司 静電容量式タッチパネルの基礎
福田 晃之 タッチパネル表面改質技術の最新動向
御子柴 均 透明導電性フィルム
當摩 照夫 有機ELの基礎と今後の動向
岡田 隆夫 銅センサーフィルム
中川 英司 抵抗膜式タッチパネルの基礎と今後の動向
2016年度
講師 セミナー内容
吉田 明 タッチパネルの基礎(TPの種類と入力原理)
抵抗膜式タッチパネルの原理から用途
中谷 健司 静電容量式タッチパネルの基礎
當摩 照夫 有機ELディスプレイの基礎と現状~将来
森田 廣 液晶ディスプレイとタッチパネルの歴史及び技術者の心得
西川 武士 光学式タッチパネルの基礎
藤田 卓 タッチパネル用ガラスの基礎と今後の動向
御子柴 均 透明導電性フィルム(抵抗膜、静電容量式導電フィルム)
廉澤 教雄 タッチテーブルの概要と応用
中谷 健司 メタルメッシュセンサー
大井 祥子 最新タッチパネル市場動向と今後の予測
山崎 繁 LEDの基礎と今後の動向
中川 英司 抵抗膜式タッチパネルの基礎と今後の動向
原 浩司 フレキシブルデバイス市場の拡大とタッチパネル搭載プロセスの開発
中谷 健司 プラスチック静電容量式タッチパネル
岡田 隆夫 銅センサーフイルム及び反射防止フィルム
鵜飼 育弘 インセルタッチパネルと今後の動向
海江田 省三 アフィット社のプリンター技術と製造装置への応用
當摩 照夫 OLEDの基礎から最新動向
伊藤 宏和 タッチパネルの表面改質と最新動向
2015年度
講師 セミナー内容
西川 武士 「タッチパネルの基礎」
いろいろなタッチパネルの種類と入力原理
中谷 健司 「静電容量式タッチパネルの基礎」
PCAPの原理、構成、設計、性能
西川 武士 「光学式タッチパネル」
マルチタッチ、用途
大輪 早苗 「抵抗膜式タッチパネル」
原理、構成、用途、評価方法
廉澤 教雄 「タッチテーブルの開発動向」
構造、仕様、用途
御子柴 均 「透明導電性フィルム」
抵抗膜、静電容量式タッチパネル用導電フィルム
鵜飼 育弘 「インセルタッチパネル」
中谷 健司 「メタル系タッチパネル」
板倉 義雄 「タッチパネル用光学フィルムの動向」
吉田 明 「タッチパネル技術の変革」
中谷 健司 「プラスチック静電容量式タッチパネル」
北原 洋明 「タッチパネルが無くなる日が来る!?」




Copyright © 2001 Touch Panel Laboratories Allright Reserved.