株式会社タッチパネル研究所


  • 2014.7.24 (株)技術情報協会主催「次世代タッチパネルにおけるカバー材料技術と貼り合わせトラブル対策技術」におきまして弊社 開発部長 中谷健司が講演いたします。
    (2014.7.28(月) [東京・五反田] 技術情報協会セミナールームにて)

    題名:「次世代タッチパネルの構造と求められる材料/製造技術」
    http://www.gijutu.co.jp/doc/s_407418.htm


  • 2014.7.4 第2回店舗販促 EXPOへ出展いたします。
    第2回 店舗販促 EXPO
    会期:2014年7月9日(水)~7月11日(金) 10:00~18:00 (最終日のみ17:00まで)
    会場:東京ビッグサイト
    主催:リード エグジビション ジャパン
    出展場所:”小間番号 西ホール C11-26”
    展示予定: ・42インチフルフラットタッチテーブル
    ・32インチタッチパネル付 液晶モジュール
    ・32インチフルフラットタッチテーブル
    ・55インチ光学式タッチモニター(サイネージ用)等
    タッチテーブルの短期レンタルを開始します!
    弊社ブースに是非お立ち寄りください。



  • 2014.7.3 (株)電子ジャーナル主催 Electronic Journal 第2332回 Technical Seminar「スマホ/タブレット向け表面カバーガラス&樹脂★詳解~表面カバー材料の現状・開発動向・今後を徹底解説~」におきまして
    弊社 開発部長 中谷健司が講演いたします。
    (2014.8.1(金)【東京・御茶ノ水】連合会館にて)

    題名:「マルチタッチパネルの表面カバーガラス&樹脂の現状と将来展望 他」
    http://www.electronicjournal.co.jp/t_seminar/2332.html


  • 2014.6.3 (株)&Tech(AndTech,アンドテック)主催 「『タッチパネル用途に向けた曲面型対応可能な ITO代替フィルムセンサの開発と応用展開』~金属ナノワイヤ・Cuメタルメッシュセンサ・3次元・曲面形状への要求特性~」 セミナーにおきまして弊社 開発部長 中谷健司が講演いたします。
    (2014.6.23(月) 川崎市産業振興会館 10F 第1会議室にて)

    題名 :「ITO代替メタルメッシュセンサの開発動向と曲面タッチパネルでの要求特性」
    http://ec.techzone.jp/products/detail.php?product_id=3703



  • 2014.5.16 (財)光電科技工業協進会(PIDA)主催「OPTO TAIWAN 2014 セミナー」におきまして
    弊社 モニター事業部 開発グループ長 廉澤教雄が講演いたします。
    (2014.6.19(木)台北世貿中心南港展覧館五樓502会議室にて)

    題名 : 「大型投影型静電容量タッチパネルの開発と応用-タッチテーブルの最新動向-」
    http://www.optotaiwan.com/photonics/index.asp


  • 2014.4.15 (株)&Tech(AndTech,アンドテック)主催 「『≪3次元成型対応可能な≫曲面タッチパネル・センサの最新開発動向と各部材への要求特性』~可とう性を持ったタッチパネルの要件・メタルメッシュセンサ・導電性高分子での電極~」 セミナーにおきまして弊社 開発部長 中谷健司が講演いたします。
    (2014.4.24(木) 川崎市国際交流センター 2F 第5会議室にて)

    題名 :「3次元対応可能な曲面タッチパネルの技術動向と要求特性」
    http://ec.techzone.jp/products/detail.php?product_id=3648


  • 2014.3.25 第24回ファインテックジャパンへ出展いたします。弊社ブースに是非お立ち寄りください。
    第24回 ファインテックジャパン
    会期:2014年4月16日(水)~4月18日(金) 10:00~18:00 (最終日のみ17:00まで)
    会場:東京ビッグサイト
    主催:リード エグジビション ジャパン
    出展場所:”小間番号 1-3”
    展示予定: ・タッチテーブル ダイニングビジネステーブル
    ・タッチテーブル リビングテーブル
    ・タッチテーブル バーレストラン用
    ・大型フルフラットモジュール(新製品)
    ・超音波式大型タッチモジュール(新製品)
    ・抵抗膜式タッチモジュール等


  • 2014.3.10 NPO法人サーキットネットワーク(C-NET)主催 「応用分野の拡がるプリンテッドエレクトロニクスの最新動向」セミナーにおきまして弊社 開発部長 中谷健司が講演いたします。(2014.3.24(水)【東京・杉並区】回路会館 地下1階会議室にて)

    題名 :「タッチパネルの現状と今後の技術動向」
    http://npo-c-net.jp/


  • 2014.2.19 (株)&Tech(AndTech,アンドテック)主催 「『タッチパネル用透明導電フィルムセンサの開発とラミネートプロセス』~透明導電フィルムのインビジブル化・骨見え対策・光学特性の最適化・精密貼り付け技術~」 セミナーにおきまして弊社
    材料事業部長 鈴木和嘉が講演いたします。
    (2014.2.27(木) 東京中央区 京華スクエア 2F ハイテクセンター第1会議室にて)

    題名 :「透明導電性フィルムのインビジブル化と光学特性の最適化」
    http://ec.techzone.jp/products/detail.php?product_id=3595


  • 2014.2.12 (株)R&D支援センター主催 「タッチパネルの新素材/新技術の動向と市場予測」セミナーにおきまして弊社 開発部長 中谷健司が講演いたします。(2014.2.26(水)【東京・江東区】江東区産業会館 第1会議室にて)

    題名 :「大面積化静電容量タッチパネル用材料 他」
    ★タッチパネルの技術動向では大面積パネル向けと小型パネル向けでは異なり、小型ではスマートフォン、 タブレット向けの①OGSと呼ばれるwindowタイプタッチパネルと②In-Cellタッチパネルの流れがある。一方大型では、材料的な課題があり、③センサー部の抵抗低減、④配線部の狭額縁化が上げられる。私は③、④を同時に解決する材料として金属メッシュフィルム(SpiderNet)を提案しており、世界的にも採用が進んでいる。大型化には静電容量式以外にも光学式やモーションコントロールなどの新しい方式も拡大している。
    http://www.rdsc.co.jp/seminar/140227.html


  • 2013.12.18 (株)電子ジャーナル主催 Electronic Journal 第2041回 Technical Seminar「大型タッチパネル向けCu配線フィルム★徹底解説~低抵抗/大面積が可能なCuメッシュ構造の配線フィルムを詳解~」におきまして
    弊社 開発部長 中谷健司が講演いたします。
    (2013.12.26(木)【東京・御茶ノ水】連合会館にて)

    題名:「大面積センサに必要な透明導電性膜は何か? 他」
    ★小型の静電容量タッチパネルにおいて用いられているITOフィルムは、
    そのシート抵抗の大きさから20型を超えるような大型タッチパネルへの適用が困難だった。
    Cuメッシュ構造の配線フィルムが注目されるのは、こうした背景によるものである
    本セミナーでは、大型タッチパネル向けCu配線フィルムの現状と将来展望について、分かりやすく、かつ詳細に解説する。
    http://www.electronicjournal.co.jp/t_seminar/2041.html


  • 2013.10.8 FPD International 2013にて弊社 開発部長 中谷健司が講演いたします。
    開催日:2013年10月24日(木)14:30~
    会場:パシフィコ横浜・会議センター
    主催:日経BP社
    専門セッション:タッチパネルの大型化を可能に~Ag系の挑戦に続き、Cu系が台頭~
    題名:「Cuメッシュタイプタッチパネル(SpiderNet)の開発」
    http://expo.nikkeibp.co.jp/fpd/2013/forum/B22.html


  • 2013.10.4 FPD International 2013へ出展いたします。弊社ブースに是非お立ち寄りください。
    FPD International 2013
    会期:2013年10月23日(水)~10月25日(金) 10:00~17:00
    会場:パシフィコ横浜
    主催:日経BP社
    出展場所:”小間番号 4127”
    展示予定: ・42インチ光学式タッチテーブル
    ・32インチ静電容量式フルフラットタッチテーブル
    ・70インチタッチモニター(サイネージ向け)
    ・その他各種方式タッチモニター


  • 2013.9.24 CEATEC JAPAN 2013 電子情報通信学会(IEICE)主催 電子ディスプレイシンポジウム-タッチパネルのすべて-におきまして 弊社 開発部長 中谷健司が講演いたします。(2013.10.4(金)13:45~ 国際会議場3階 303会議室にて)

    題名:「大型タッチパネルの最前線」
    http://www.ceatec.com/ja/conference/conference04_06.html


  • 2013.9.18 2013年8月7日 (株)日本環境認証機構(JACO)より
    ㈱タッチパネル研究所 加工品事業部、㈱タッチパネル加工がISO9001の認証を取得しました。
    詳細はこちら


  • 2013.8.22 フォトポリマー懇話会主催 『第23回フォトポリマー講習会』におきまして
    弊社 開発部長 中谷健司が講演いたします。(2013.8.29 【東京・飯田橋】東京理科大学 森戸記念館にて)

    題名:「トピックス タッチパネルの種類・原理とフォトポリマー」
    ★タッチパネルには多くの種類があり、その原理や特性から様々に応用されている。
    本講演では、基調講演としてタッチパネルの動作原理を初めとして解説し
    さらにタッチパネルにおけるフォトポリマーの関連技術を紹介する
    http://www.tapj.jp/activity/index.html


  • 2013.7.10 (株)電子ジャーナル主催 Electronic Journal 第1798回 Technical Seminar「スマホ/タブレット向け表面カバーガラス&樹脂★詳解~表面カバー材料の現状・開発動向・今後を徹底解説~」におきまして
    弊社 開発部長 中谷健司が講演いたします。
    (2013.7.24(水)【東京・御茶ノ水】連合会館にて)

    題名:「マルチタッチパネルの表面カバーガラス&樹脂の現状と将来展望」
    http://www.electronicjournal.co.jp/t_seminar/1798.html


  • 2013.6.18 (株)技術情報協会主催「タッチパネル構成部材に“新しく求められる”特性付与と貼り合わせトラブル対策」
    におきまして弊社 開発部長 中谷健司が講演いたします。
    (2013.6.24(月)[東京・大井町] きゅりあん 4F 第1特別講習室にて)

    題名:「次世代タッチパネルの構造と求められる材料/製造技術」
    http://www.gijutu.co.jp/doc/s_306404.htm


  • 2013.6.12 第1回店舗販促 EXPOへ出展いたします。弊社ブースに是非お立ち寄りください。
    第1回 店舗販促 EXPO
    会期:2013年6月26日(水)~6月28日(金) 10:00~18:00 (最終日のみ17:00まで)
    会場:東京ビッグサイト
    主催:リード エグジビション ジャパン
    出展場所:”小間番号 A25-2”
    展示予定: ・42インチ光学式マルチタッチテーブル 10点同時入力
    ・リビング用32インチ静電容量式フルフラットマルチタッチテーブル
    ・商談席用32インチ静電容量式フルフラットマルチタッチテーブル
    ・飲食店様用19インチ静電容量式フルフラットマルチタッチテーブル
    ・19インチ静電容量式マルチタッチモニター
    ・24インチデジタルサイネージディスプレイ
    ・透明ディスプレイ
    ・細長ディスプレイ 他


  • 2013.6.6 (株)電子ジャーナル主催 Electronic Journal 第1747回 Technical Seminar「タッチパネル向けロールtoロール生産技術の最新動向~注目のフィルム基板型や周辺部材の生産技術を徹底解説~」におきまして
    弊社 副社長 板倉義雄が講演いたします。
    (2013.6.14(金)【東京・御茶ノ水】連合会館にて)

    題名:「タッチパネル並びに材料のロールtoロール生産技術動向 他」
    http://www.electronicjournal.co.jp/t_seminar/1747.html


  • 2013.5.21 NHK WORLD 『great gear』の取材を受けました。
    第23回ファインテックジャパンの映像が放送される予定です。

    ●海外での放映日(NHK WORLD)
    5月 27日(月) 日本時間(JST)
    23:30-23:58, 翌日03:30-03:58, 07:30-07:58,
    11:30-11:58, 15:30-15:58, 19:30-19:58(すべて日本時間)
    ※NHK WORLDは地域によってはケーブルテレビでもご覧いただけます。
    ●国内での放映日(BS-1)
    6月 3日(月)
    03:00-03:28
    是非ご覧下さい!!


  • 2013.5.16 中国通信工業協会、香港中端会議展覧会社、日経BP社主催
    「TOUCH CHINA 2013-6th ShenZhen International Touch Screen Technology And Equipment Exhibition」におきまして
    弊社 廉澤教雄が講演いたします。
    (2013.5.23(木)中国広東省深セン 深セン会展中心にて)

    題名:「The trend of Table Computer」
    http://www.touchchinaexpo.com/index.html


  • 2013.5.10 一般社団法人 日本接着学会主催「次世代接着材料研究会Part4第5回例会」におきまして
    弊社 開発部長 中谷健司が講演いたします。
    (2013.5.13(月)積水化学工業(株)京都研修センター2F第1セミナー室にて)

    題名:「タッチパネルの最新技術動向」
    http://www.adhesion.or.jp/seminar/seminar_detail/7/2/6


  • 2013.4.2第23回ファインテックジャパンへ出展いたします。弊社ブースに是非お立ち寄りください。
    第23回 ファインテックジャパン
    会期:2013年4月10日(水)~4月12日(金) 10:00~18:00 (最終日のみ17:00まで)
    会場:東京ビッグサイト
    主催:リード エグジビション ジャパン
    出展場所:”小間番号 1-3”
    展示予定: ・42インチ光学式タッチテーブル
    ・32インチ静電容量式フルフラットタッチテーブル
    ・55インチ光学式10点マルチタッチモニター
    ・その他各種方式タッチモニター
    ・タッチモジュール等


  • 2013.2.18 (株)技術情報協会主催「透明導電性フィルムの光学特性の最適化、パターン見え対策」におきまして
    弊社 材料事業部長 鈴木和嘉が講演いたします。
    (2013.2.28(木) [東京・浜松町]東京都立産業貿易センター【浜松町館】中3階 第6会議室にて)

    題名:「透明導電性フィルムのインビジブル化と光学特性の最適化」
    ★静電容量式タッチパネル用透明導電フィルムについて、インビジブル化を中心に、要求される性能について説明する。市場の主体はITOフィルムだが、他の透明導電性フィルムとしてAgナノフィルム、高分子導電フィルムなどについても説明する。静電容量式フィルムの市場動向、今後の開発課題についても言及する。静電式タッチパネルとして、ガラスを含めた市場全体の動向についても説明する。
    http://www.gijutu.co.jp/doc/s_302214.htm


  • 2013.1.16 (株)技術情報協会主催「大面積タッチパネルの狭額縁化~透明導電性フィルムの低抵抗化/高透明性~」に
    おきまして弊社 開発部長 中谷健司が講演いたします。
    (2013.1.21(月) [東京・浜松町]東京都立産業貿易センター 浜松町館 第一会議室にて)

    題名:「大面積タッチパネルの課題と、センサー材料、電極材料の最適選定」
    ★タッチパネルはスマートフォンやタブレットPCの領域から 大面積デジタルサイネージの用途へと拡大を続けている。しかし、大面積タッチパネルを作成するためには大きな課題がある。 その一つがITOに代わる低抵抗透明導電性フィルムであり、もう一つが配線材料の選択である。さらに、大面積パネルの貼り合せ、表面材料にも新たな動きがある。 本セミナーでは これらの課題の解決法を紹介する。
    http://www.gijutu.co.jp/doc/s_301421.htm


  • 2013.1.9 一般社団法人 近畿化学協会主催「スマート社会・スマートハウス・スマート機器を支える技術と材料」セミナーにおきまして弊社 開発部長 中谷健司が講演いたします。(2013.1.16(水) 大阪科学技術センター7階701号室にて)

    題名:「タッチパネルの市場と静電容量タッチパネルの技術トレンド」
    一般社団法人近畿化学協会エレクトロニクス部会セミナー


  • 2012.12.6 (株)技術情報協会主催「タッチパネル用ガラス/樹脂の高機能性付与・加工技術と貼り合わせトラブル対策-ガラスVS透明樹脂-」におきまして
    弊社 開発部長 中谷健司が講演いたします。
    (2012.12.20(木) [東京・大井町]きゅりあん4F 第1特別講習室にて)

    題名:「タッチパネル用のガラス・樹脂材料の特性と採用条件」
    http://www.gijutu.co.jp/doc/s_212403.htm


  • 2012.11.21 一般社団法人映像情報メディア学会(ITE)・Society for Information Display(SID)主催
    「第19回ディスプレイ国際ワークショップ/アジアディスプレイ2012(IDW/AD ’12)」におきまして
    弊社 開発部長 中谷健司が講演いたします。
    (2012.12.5(水)国立京都国際会館(京都市) 会議室Eにて)

    題名:「Current Technology Trends in Touch Panel Sensing(タッチセンサーパネルの現在の技術動向)」
    http://www.idw.ne.jp/


  • 2012.11.16 (株)技術情報協会主催「透明導電性フィルムのインビジブル化-ITOパターンの「骨見え」対策-」におきまして
    弊社 材料事業部長 鈴木和嘉が講演いたします。
    (2012.11.29(木) [東京・王子]北とぴあ9F 901会議室にて)

    題名:「静電容量式透明導電性フィルムのインビジンブル化と視認性向上」
    http://www.gijutu.co.jp/doc/s_211411.htm


  • 2012.11.14 (株)技術情報協会主催「タッチパネル大型化に伴う検出精度向上技術」におきまして
    弊社 開発部長 中谷健司が講演いたします。
    (2012.11.29(木) [東京・大井町]きゅりあん4F 第1グループ活動室にて)

    題名:「タッチパネルの大型化の課題と技術動向」
    http://www.gijutu.co.jp/doc/s_211407.htm


  • 2012.11.1 フジテレビ『LIVE2012 ニュースJAPAN&すぽると!』の取材を受けました。
    本日の番組内で放送予定です。(番組は23時半より放送 弊社出演時間 詳細未定)
    是非ご覧下さい!!


  • 2012.10.24 (株)オーム社より 書籍「タッチパネル技術開発・市場・アプリケーションの動向」が10月26日発売されます。

    一部執筆 : 弊社 副社長 板倉義雄、開発営業課長 西川武士
    ★タッチパネルの技術動向、市場性、アプリケーションの最新動向を紹介!
    iPad やiPhone、Android 携帯・タブレットの急速な普及によってタッチパネルをめぐる状況はこの数年で激変しています。
    より身近な存在になるとともに市場も広がり、新たな技術や方式の採用、コスト削減も進んでいます。
    この本では、この分野に詳しい著者陣が、2012年時点でのタッチパネルの市場、技術動向などについて解説致します。


  • 2012.10.19  FPD International 2012にて弊社 副社長 板倉義雄、開発営業課長 西川武士が講演いたします。

    講演者:  西川 武士
    開催日:  2012年11月1日(水)14:30~
    会場:   パシフィコ横浜・会議センター3F
    主催:   日経BP社
    フォーラム:タッチ・パネル/大型化技術/電子黒板やデジタル・サイネージの市場を開拓
    題名「大型マルチタッチパネル動向」

    ★近年のタッチパネル市場の成長は目覚しく、タッチパネルの技術も革新的な進歩を遂げている。そんな中、世界の注目はスマートフォン、タブレットPC向けの静電容量方式(投影型)に集まっている。日本でも同様の状況ではあるが、大型マルチタッチパネルの領域ではそれとは異なった動向が見られる。今回はそのような大型マルチタッチパネルの動向について述べる。
    http://expo.nikkeibp.co.jp/fpd/2012/forum/C.html#C-22

    講演者:  板倉 義雄
    開催日:  2012年11月2日(木)10:00~
    会場:   パシフィコ横浜・会議センター3F
    主催:   日経BP社
    フォーラム:タッチ・パネル/センサ電極フィルム/薄型・軽量化のキー・テクノロジー
    題名「透明電極材 ITO&ITO代替の技術トレンド」

    ★ディスプレイ ・タッチパネル・その他の使用される透明電極材は昔からほぼ100%ITO材料が使用されてきた。最近種々のITO代替材料の開発が各企業で活発である。特に市場成長著しい静電容量式タッチパネル用途でナノ銀材料による透明電極材の実用化の段階にきておる。周辺回路材料にも用途が広がっている。本講演ではITO含めた透明電極材の技術トレンドを解説する。
    http://expo.nikkeibp.co.jp/fpd/2012/forum/C.html#C-31


  • 2012.10.17 FPD International 2012へ出展いたします。弊社ブースに是非お立ち寄りください。
    FPD International 2012
    会期:2012年10月31日(水)~11月2日(金) 10:00~17:00
    会場:パシフィコ横浜
    主催:日経BP社
    出展場所:”小間番号 3605”
    展示予定: ・42インチテーブルPC(光学式タッチパネル)
    ・iMask(iMac用外付け光学式10点マルチタッチパネル)
    ・21.5インチワイヤー静電容量タッチモニター
    ・32インチワイヤー静電容量テーブルPC
    ・各種タッチモジュール 等


  • 2012.10.16 (株)&Tech(AndTech,アンドテック)主催 「『タッチパネルの多機能性および意匠性・デザイン性の両立と求められるフィルム・ガラス加飾最新動向』~飛散防止フィルム・アイコンシート・外周・額縁への加飾処理・段差追従性の向上~」 セミナーにおきまして弊社 開発部長 中谷健司が講演いたします。
    (2012.10.29 東京中央区立産業会館 4F 第1集会室にて)

    題名 :「タッチパネルの各種機能性における技術動向とデザイン面・部材への要望~用途に応じた各種タッチパネルの技術・保護フィルム・意匠性への要望~」
    http://ec.techzone.jp/products/detail.php?product_id=2975

    ★タッチパネルが広くいきわたるようになると、機能だけでなくデザインにも注目が集まっている。 デザインの多様性を確保するために表面材料の加工性が重視されている。
    本稿ではタッチパネルの機能技術動向とともに、デザイン面での要望にこたえる材料について解説する


  • 2012.10.12 (株)技術情報協会主催「タッチパネル貼り合わせに向けた構成部材への要求特性と高機能化技術」におきまして
    弊社 開発部長 中谷健司が講演いたします。
    (2012.10.24(水) [東京・大井町]きゅりあん4F 第1グループ活動室にて)

    題名:「タッチパネルの市場と視認性向上法-タッチパネル貼り合せ材料の選択―」
    http://www.gijutu.co.jp/doc/s_210232.htm


  • 2012.10.4 フォトポリマー懇話会主催 『進化するタッチパネルとフォトポリマー』におきまして
    弊社 開発部長 中谷健司が講演いたします。(2012.10.17 【東京・飯田橋】東京理科大学 森戸記念館にて)

    題名:「タッチパネルの分類・原理とフォトポリマー関連技術」

    ★近年、スマートフォンの普及拡大やタブレットPC、携帯ゲーム機などの普及によりこれまで一部のPDAユーザーや電車の自動券売機くらいしか触れることのなかったタッチパネルが非常に身近な技術になってきた。
    タッチパネルには多くの種類があり、その原理や特性から様々に応用されている。タッチパネルの動作原理を初めとして、タッチパネルにおけるフォトポリマーの関連技術を紹介する
    http://www.tapj.jp/activity/index.html#date121017


  • 2012.9.18 (株)テクノタイムズ社主催 「月刊ディスプレイ」技術セミナー「新入社員、営業マンのための知っておきたいタッチパネルの基礎」におきまして弊社 副社長 板倉 義雄 が講演いたします。(2012.9.27東京・御茶ノ水 連合会館(6/1総評会館より名称変更)402号室にて)

    題名:「1.方式別タッチパネルの基礎知識 2.タッチパネル用材料と製造装置」
    http://www.techno-times.co.jp/seminar_now.htm


  • 2012.9.13 (株)技術情報協会主催「有機ELタッチパネルディスプレイの構成部材と貼り合わせ技術」におきまして弊社 開発部長 中谷健司が講演いたします。
    (2012.9.27(木)【東京・五反田】 ゆうぽうと5F たちばなにて)

    題名:「有機ELタッチパネルディスプレイの構成部材と要求特性」
    http://www.gijutu.co.jp/doc/s_209402.htm


  • 2012.9.4 弊社の「iMask-M」が日本テレビの番組シューイチ(毎週日曜 朝8:00より放送)で紹介されます。
    放送予定日時は、平成24年9月9日(日)AM8:00~9:55 トレナビコーナー(コーナー全体で15~20分)
    この商品のお問合せはTEL:042-649-7651にお願い致します。


  • 2012.8.31 (株)&Tech(AndTech,アンドテック)主催 「『タッチパネル・透明導電性フィルムにおける視認性向上・改善と要求特性』~低抵抗化・骨見え防止・表面処理と静電容量タッチパネルでの視認性改善~」 セミナーにおきまして弊社 開発部長 中谷健司が講演いたします。
    (2012.9.13 【神奈川・川崎市】てくのかわさき 4F 展示場にて)

    題名 :「タッチパネルにおける視認性向上とITO代替材料・電極への要求特性~静電容量型パネルなどで、今後必要とされる改善技術・部材とは~」
    http://ec.techzone.jp/products/detail.php?product_id=2875


  • 2012.6.27 exciteサイト exciteニュース内のExcite Bitにて『i-Mask』の取材を受けました。
    掲載記事は下記URLにてご覧頂けます。
    http://www.excite.co.jp/News/bit/E1340705678144.html


  • 2012.6.26 第22回 ファインテックジャパン 大盛況!!
    多くのお客様が弊社ブースに来場され、展示品を直接触れていただく機会をもつことができました。
    貴重なお時間をいただき誠にありがとうございました。

    尚、出展製品につきまして、ご質問・ご要望等ございましたら弊社HP「お問い合わせ」よりご連絡ください。
    展示品
    ・42インチテーブルPC(光学式タッチパネル)
    ・iMask(iMac用外付け光学式10点マルチタッチパネル)
    ・光学式60インチ10点マルチタッチモニター
    ・21インチワイヤー静電容量タッチモニター
    ・32インチワイヤー静電容量テーブルPC
    ・各種タッチモジュール

    ファインテックジャパンの模様を映像でご覧頂けます


  • 2012.6.12 5月23日 TV東京『ニュースモーニングサテライト「ネタのたね」』にて
    iMask-Mの取材映像が再度紹介されました。
    オンエアされた映像が下記URLにてご覧頂けます。
    http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/nms/netanotane/post_20820//


  • 2012.5.18 TV東京『ワールドビジネスサテライト「トレンドたまご」』の取材を受けました。
    簡単にかぶせるだけで、iMacのディスプレイが10点タッチのタッチパネルに変身します!!
    オンエアされた映像が下記URLにてご覧頂けます。
    http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/trend_tamago/post_20581/


  • 2012.5.14 (株)&Tech(AndTech,アンドテック)主催 「タッチパネルの市場と最新材料動向:パネルのOn-cell,In-cell化の動きと大型化での課題~大型化で変わるカバーガラス・カバーシート・配線材料・光学粘接着剤への要求~」 セミナーにおきまして弊社 開発部長 中谷健司が講演いたします。
    (2012.5.24 【東京・中央区】京華スクエア2F ハイテクセンター 第2会議室にて)

    題名 :「タッチパネルの種類と特徴 各種タッチパネルの市場動向 他」

    ★静電容量タッチパネルを中心にスマホやタブレットPCの入力装置としてタッチパネルが当たり前の様に利用されてきた。これはマルチタッチとジェスチャー入力によるUI革命の結果である。タッチパネル市場での各社の動きと今後の市場を予測する。さらに、タッチパネルの現状の技術課題と 今後大型化するタッチパネルに要求される技術課題に関し材料分野から解説する。大型化には新材料の提案や、さらに、光学式をはじめとする新しいタイプのタッチパネルも提案されている。
    http://ec.techzone.jp/products/detail.php?product_id=2694


  • 2012.4.17 (株)技術情報協会主催「タッチパネル用構成材料、貼り合せの最新技術~カバーガラス/Agナノワイヤー透明導電フィルム/両面テープの設計・機能付加 ~」におきまして弊社 開発部長 中谷健司が講演いたします。
    (2012.4.26(木)(東京・大井町 きゅりあん 4F 第2特別講習室にて))

    題名:「タッチパネル用構成材料フィルムの要求特性と市場技術予測」
    http://www.gijutu.co.jp/doc/s_204406.htm


  • 2012.3.29 
    (株)電子ジャーナル主催Electronic Journal 第1189回 Technical Seminar「タッチパネル市場・業界・技術の最新動向~フィルム基板や大型TPなどの最新動向を詳解~」におきまして弊社 副社長 板倉義雄が講演いたしました。

    題名 : 「タッチパネルの最新動向」他
    http://www.electronicjournal.co.jp/

    (株)技術情報協会主催「タッチパネル用ガラス/樹脂に“新しく求められる特性”と製造プロセス技術」におきまして弊社 開発部長 中谷健司が講演いたしました。

    題名 : 「各種タッチパネルの構造と求められる材料技術」
    http://www.gijutu.co.jp/doc/s_203407.htm


  • 2012.3.28 (株)技術情報協会主催「タッチパネル製品,スマートフォンにおける(各種部材・デバイスの)品質検査試験,故障・不具合解析の進め方」におきまして弊社 開発部長 中谷健司が講演いたしました。

    題名 : 「Ⅰ.各種タッチパネルの種類と駆動方法 および市場とメーカー動向」
          「Ⅱ.タッチパネルに使用される材料の 最新動向とパネル仕様」
    http://www.gijutu.co.jp/doc/s_203254.htm


  • 2012.3.19 本社移転のお知らせ

    当社は長く八王子市千人町で業務を行っておりましたが、業容拡大に伴い、八王子市散田町に移転いたしました。

    住    所:東京都八王子市散田町5-27-19
    電話・FAX:変更ありません。

    モニター事業部の住所・電話・FAXは変更ありません。


  • 2012.3.9 第22回 ファインテックジャパンへ出展いたします。弊社ブースに是非お立ち寄りください。

    会期:2012年4月11日(水)~13日(金) 10:00~18:00(13日(金)のみ17:00終了)
    会場:東京ビッグサイト
    主催:リード エグジビション ジャパン株式会社
    出展場所:”小間番号 47-4”
    展示予定: ・42インチテーブルPC(光学式タッチパネル)
    ・iMask(iMac用外付け光学式10点マルチタッチパネル)
    ・光学式60インチ10点マルチタッチモニター
    ・21インチワイヤー静電容量タッチモニター
    ・32インチワイヤー静電容量テーブルPC
    ・各種タッチモジュール
    ・タッチモニター(抵抗膜式) 等
    http://www.ftj.jp/ja/Home/


  • 2012.2.15 中国中央テレビ CCTVビジネスチャンネルの取材を受け、日本の中小企業として当社が紹介されました。
    昨年末オンエアされた画面が下記URLでご覧いただけます。

    http://jingji.cntv.cn/20111221/126278.shtml


  • 2012.2.3 (株)テクノタイムズ社主催 「月刊ディスプレイ」200号記念 市場&技術セミナー「FPD・新照明・太陽電池の産業と技術はどうなる!」におきまして弊社 副社長 板倉 義雄 が講演いたします。(2012.2.14東京・御茶ノ水 総評会館402号室にて)

    題名 : 「タッチパネル産業と今後の材料開発動向」
    http://www.techno-times.co.jp/seminar_now.htm


  • 2012.1.24 公益財団法人化学工業会 関西支部主催「次世代ディスプレイへの素材戦略―化学・素材メーカーのための次世代ディスプレイ入門―」セミナーにおきまして弊社 開発部長 中谷健司が講演いたします。(2012.1.30(月) 大阪府・大阪科学技術センター4階401号室にて)

    題名:「マルチタッチパネル用材料の最新動向」
    http://www.scej.org/content/view/1375/78/


  • 2012.1.19 FPD International in Yokohama 2011 大盛況!!
    多くのお客様が弊社ブースに来場され、展示品を直接触れていただく機会をもつことができました。
    貴重なお時間をいただき誠にありがとうございました。

    尚、出展製品につきまして、ご質問・ご要望等ございましたら弊社HP「お問い合わせ」よりご連絡ください。
    展示品:
    ・32インチワイヤー方式静電容量タッチパネル(テーブルPC)
    ・光学式21.5インチ10点マルチタッチパネル
    ・光学式32インチ10点マルチタッチパネル
    ・光学式55インチ6点マルチタッチモニター
    ・ベゼルホワイト タッチモニター(抵抗膜式)等

    FPD International in YOKOHAMAの模様を映像でご覧頂けます



  • 2012.1.18 (財)工業技術研究院(ITRI)主催「タッチパネル用ナノ銀導電材の新材料技術セミナー」におきまして 弊社 開発部長 中谷健司が講演いたしました。
    (2012.1.17(火)(台北市)工研院産業學院において)

    題名:「ITO代替透明導電性膜の開発状況」


  • 2012.1.13 サイエンス&テクノロジー(株)主催「【特別セミナー】有望技術の展望と研究企画への道しるべ 注目技術・素材のトレンドと展望」セミナーにおきまして弊社 副社長 板倉義雄が講演いたします。(2012.1.26(木) 東京・千代田区駿河台 総評会館 2階 201会議室にて)

    題名:「タッチパネルのトレンドと市場・技術動向」
    ★最近静電容量式タッチパネル急成長しているが、1980年代よりのタッチパネルのトレンドを紹介する。(現在のタッチパネルの用途・メーカー・市場動向技術の説明、材料の技術・メーカー動向を紹介)
    http://www.science-t.com/seminar/B120156.htm


  • 2012.1.11 サイエンス&テクノロジー(株)主催「タッチパネル貼り合わせにおける粘着剤の開発動向~OCA・OCRの要求特性~」セミナーにおきまして弊社 開発部長 中谷健司が講演いたします。(2012.1.25(水) 東京・品川区大井町 きゅりあん 4階 第1特別講習室にて)

    題名:「タッチパネル市場及び材料の最新動向とパネル構造変化の流れ」
    ★タッチパネルの種類と最近の市場動向を説明するとともに、パネル構造の変化による材料開発の変動を説明する。特に大面積化と On-Cell, In-Cell化の流れによる導電材料や貼り合わせ材料の変化を中心に、最新情報を説明する。
    http://www.science-t.com/seminar/A120125.htm


  • 2011.12.21 (株)R&D支援センター主催 「タッチパネル貼り合わせ技術の最新動向」セミナーにおきまして弊社 開発部長 中谷健司が講演いたします。(2011.12.22(木) 東京・江東区 商工情報センター カメリアプラザ 9F 第2研修室)

    題名 :「タッチパネルの貼り合せ技術とタッチパネルの評価」
    ★スマートフォンやタブレットなどの静電容量タッチパネルはセンサー部とカバー部材、あるいはセンサー部とディスプレイの貼り合せが重要な工程として認識されている。さらに、次の大型化においてはさらに貼り合せが重要である。今回のセミナーでは大型化におけるタッチパネルの材料開発と貼り合せ部材と貼り合せ方法のポイントを説明する。
    http://www.enplanet.com/Company/00000560/Ja/Data/n052.html


  • 2011.10.19 フジサンケイビジネスアイ 飛躍カンパニー にて弊社が紹介されました。
    「タッチパネル研究所 テーブルコンピュータ開発」~ファミレス市場視野に用途開拓~
    Fuji Sankei Business i. 2011年10月19日発刊


  • 2011.10.11  FPD International 2011にて弊社 副社長 板倉義雄、開発営業課長 西川武士が講演いたします。

    講演者:  西川 武士
    開催日:  2011年10月26日(水)14:30~
    会場:   パシフィコ横浜・会議センター3F
    主催:   日経BP社
    専門セッション:タッチ・パネル/静電容量/光学方式 新世代マルチタッチ技術
    題名「光学式マルチ・タッチパネル」

    ★iPhoneをはじめとするスマートフォン、さらにはiPadやスレートPCの普及によってタッチパネルの認知度は急上昇し、今日では日常生活には欠かせない入力デバイスとなった。ここでは、タッチパネルにはどのような方式があり、まだどのように使い分けがなされているのかを初心者にもわかりやすい視点で説明し、さらに今後進むと見られているマルチタッチ/大型化の有力候補である光学式マルチタッチパネルについて、その特長を紹介する。
    http://expo.nikkeibp.co.jp/fpd/2011/forum/C/#C-02

    講演者:  板倉 義雄
    開催日:  2011年10月27日(木)14:30~
    会場:   パシフィコ横浜・会議センター3F
    主催:   日経BP社
    専門セッション:タッチ・パネル/透明導電性フィルム タッチ・パネルの要、透明導電フィルムを安く低抵抗に
    題名「新規透明導電材の技術動向とその用途」

    ★タッチパネル用特に今後伸張著しいと期待されている静電容量式タッチパネル用の導電財でITO膜代替開発が各社で提案されている。数年前にも導電高分子フィルムなど抵抗膜式分野に提案されて来たが実用化ならなった。昨今の新規導電材は大手材料メーカーでのナノAg系が中心で実用化レベルのものもある。更にはこの材料で基板上に直接パターン化する方式やITO膜を基板上にRoll to Roll でセンサーパターンを直接生産し得るなどタッチパネルメーカーにとっては関心大である。特に抵抗値ダウンとコストダウン期待が大きい。本公演では最近の各社の材料&生産方式などの開発動向を紹介する。
    http://expo.nikkeibp.co.jp/fpd/2011/forum/C/#C-04


  • 2011.10.5 FPD International 2011へ出展いたします。弊社ブースに是非お立ち寄りください。
    FPD International 2011
    会期:2011年10月26日(水)~28日(金) 10:00~17:00
    会場:パシフィコ横浜
    主催:日経BP社
    出展場所:”小間番号 4503”
    展示予定: ・32インチワイヤー方式静電容量タッチパネル(テーブルPC)
    ・光学式21.5インチ10点マルチタッチパネル
    ・光学式32インチ10点マルチタッチパネル
    ・光学式55インチ6点マルチタッチモニター
    ・ベゼルホワイト タッチモニター(抵抗膜式)等

  • 2011.9.29 (株)R&D支援センター主催 「タッチパネル用透明電極の要求特性と開発動向」セミナーにおきまして弊社 開発部長 中谷健司が講演いたします。(2011.10.5(水) 大阪市・中央区 ドーンセンター4F 中会議室3)

    題名 :「各種タッチパネルの構造と求められる透明電極技術」
    ★スマートフォン、タブレットPCとタッチパネル用途は拡大を続けているが、静電容量タッチパネルが主たるタッチパネルである。静電容量タッチパネルでは大面積化に課題があり、また光学特性向上も望まれている。これらは透明電極にかかわる問題であり、現行のITOの改良、代替ITOの開発、さらに視認性向上策などを本セミナーで説明する。さらにタッチパネル市場の予想や 話題の光学的タッチパネルについても解説する。
    http://www.rdsc.co.jp/seminar/111022.html


  • 2011.9.28 サイバーシルクロード八王子主催 第10回マネージメントカフェにおきまして弊社 社長 三谷雄二が
    講演いたします。
    (2011.10.12(水)サイバーシルクロード八王子大会議室にて)

    タイトル「情報は発信しないと集まらない!」
    http://www.cyber-silkroad.jp/2011/09/06/touchmitani/


  • 2011.9.20 (株)電子ジャーナル主催Electronic Journal 第925回 Technical Seminar「タッチパネル構成部材の最前線★徹底解説~急増中★部材・製造技術に変化?~」におきまして弊社 副社長 板倉義雄が講演いたします。
    (2011.9.28(木)東京・御茶ノ水 総評会館にて)

    題名 : 「タッチパネルの最新動向」他
    ☆ススマートフォンなどモバイル機器への搭載が本格化してからというものタッチパネルは急激な勢いで普及しています。以前は産業機器の操作盤用などで広く使用されていましたが、各種情報端末の入力インターフェースとして定着してすっかり定着した感があります。こうした中、センサ基板の材料にプラスチック基板を採用するなど、デバイス構造に変化が出てきました。これに伴い、製造技術やこれに使用される部材にも変化が出てくると言われています。本セミナーでは、タッチパネルの製造と構成部材の最新動向を徹底解説します。
    http://www.electronicjournal.co.jp/t_seminar/925.html


  • 2011.9.15 (株)技術情報協会主催「タッチパネル貼り合わせ材の選び方・使い方・組み合わせ方」
    におきまして 弊社 副社長 板倉義雄、開発部長 中谷健司が講演いたします。
    (2011.9.26(月)(東京・王子 北とぴあ 第1研修室 にて))

    セミナー内容
    1:各種タッチパネルの構造と求められる材料技術(中谷 健司)
    2:タッチパネルの貼り合せ技術とタッチパネルの評価~ 不良率低減に向けたクリーン管理のポイント ~(中谷 健司)
    3:タッチパネル用フィルムの要求特性と市場・技術予測(板倉 義雄)
    http://www.gijutu.co.jp/doc/s_109407.htm


  • 2011.9.8 (株)化学工業日報社 「化学経済 9月号」に弊社技術文献が掲載されました。(発刊2011年9月1日)

    特集「フラットディスプレーを支える化学材料」
    題名「タッチパネル用材料の市場と技術動向」弊社 副社長 板倉義雄
    http://www.kagakukogyonippo.com/monthly/index.html


  • 2011.9.8 (社)日本ゴム協会 「日本ゴム協会誌8月号」に弊社技術文献が掲載されました。(発刊2011年8月15日)

    総説特集「フラットパネルディスプレイを支える材料技術」
    題名「各種タッチパネルの特徴と技術動向」弊社 代表取締役 三谷雄二、開発部長 中谷健司
    http://www.srij.or.jp/


  • 2011.9.7 株式会社AndTech主催「新材料を用いた透明導電性フィルムの最新技術~カーボンナノチューブ、グラフェン、銀ナノワイヤー等 ITO代替素材を用いた透明導電フィルムの形成~ 」におきまして弊社 開発部長 中谷健司が講演いたします。
    (2011.9.22 東京・日本橋 東京中央区立産業会館 4F 第1集会室 にて)

    題名 :「透明導電膜における新素材とそのフィルム形成技術」
    ★ITOの需要は高まっているが、その90%はタッチパネルに使用されている。タッチパネルは大型化によって低抵抗透明導電性膜が必要になりITOでは対応できない場合が生じてきた。ITO代替材料として低抵抗の透明導電性膜への要望が増加している。 本セミナーではこれらに対応した開発品を中心に透明導電性膜の用途別状況を解説する
    http://ec.techzone.jp/products/detail.php?product_id=2299


  • 2011.7.11 株式会社AndTech主催「タッチパネル電極印刷の細線化・狭額縁化技術~スクリーン印刷における高粘度電極ペーストのファイン印刷の勘所~」におきまして弊社 開発部長 中谷健司が講演いたします。
    (2011.7.25 川崎市 教育文化会館 第2学習室 にて)

    題名 :「タッチパネルにおける技術動向と電極材料への要求特性・狭額縁化への要求」
    ★タッチパネルはマルチタッチ化が進むと同時に、スマートフォン、タブレットPCと大面積化の道を進んでいる。大型タッチパネルの為には 材料の進化も必要で、透明導電性膜の低抵抗化、配線本数の増加、配線幅の狭小化が焦点になっている。本セミナーではこれらの点を中心に解説する
    http://ec.techzone.jp/products/detail.php?product_id=2028


  • 2011.7.1 (株)テクノタイムズ社主催 「月刊ディスプレイ」技術&市場セミナー「グラフェンなど新規透明導電膜の用途展開」におきまして弊社 副社長 板倉 義雄 が講演いたします。(2011.7.14東京・御茶ノ水 総評会館402号室にて)

    題名 : 「タッチパネルと透明導電膜の現状と展望」
    http://www.techno-times.co.jp/35th-seminar.htm


  • 2011.6.15 (株)技術情報協会主催「タッチパネルの貼り合わせ材における最適選定とトラブル防止技術」
    におきまして 弊社 開発部長 中谷健司が講演いたします。
    (2011.6.29(水)(東京・大井町 きゅりあん5F 第2講習室 にて))

    題名 : 「1.各種タッチパネルの構造と求められる材料技術」・「2 .タッチパネルの貼り合せ技術とタッチパネルの評価~ 不良率低減に向けたクリーン管理のポイント ~」
    http://www.gijutu.co.jp/doc/s_106412.htm


  • 2011.6.6 NHK総合『あなたが主役 50ボイス』の取材を受けました。 6月10日(金)22:55~放映予定
    今回のテーマ「小さなナンバーワン企業ボイス」~私○○にこだわってます~

    弊社 代表取締役 三谷雄二は前半の二人目に登場します。
    放送開始10分以内に登場し、30秒程の出演予定です。
    http://www.nhk.or.jp/50voice/movie/44/movie.html


  • 2011.6.1 第14回組込みシステム開発技術展(ESEC)大盛況!!
    多くのお客様が弊社ブースに来場され、展示品を直接触れていただく機会をもつことができました。
    貴重なお時間をいただき誠にありがとうございました。

    尚、出展製品につきまして、ご質問・ご要望等ございましたら弊社HP「お問い合わせ」よりご連絡ください。

    展示品:光学式10点マルチタッチパネル 32インチ 21.5インチ
         光学式55インチマルチタッチモニター 6点同時入力
         静電容量式2.8インチ~10.4インチタッチパネル
         マルチタッチテーブルコンピューター

    組込みシステム開発技術展(ESEC)の模様を映像でご覧頂けます
  • 2011.5.30 第21回ファインテックジャパン大盛況!!
    多くのお客様が弊社ブースに来場され、展示品を直接触れていただく機会をもつことができました。
    貴重なお時間をいただき誠にありがとうございました。

    尚、出展製品につきまして、ご質問・ご要望等ございましたら弊社HP「お問い合わせ」よりご連絡ください。

    展示品:光学式55インチモニター 6点同時入力
         静電容量式10.4インチマルチタッチモニター 5点同時入力
         静電容量式7インチタッチパネル
         32インチテーブルコンピュータ(32点同時入力)
         タッチパネル超高速打鍵試験機
         ベゼルホワイト品タッチモニター(抵抗膜式)等

    ファインテックジャパン2011の模様を映像でご覧頂けます
  • 2011.5.18 (株)技術情報協会主催「タッチパネル構成材料とその要求特性」におきまして 弊社 開発部長 中谷健司が講演いたします。
    (2011.5.30(月)(東京・王子 北とぴあ 901会議室 にて))

    題名 : 「タッチパネルの構成部材の要求特性と材料開発」
    http://www.gijutu.co.jp/doc/s_105260.htm


  • 2011.5.16 (株)情報機構主催 「タッチパネルのユーザーインターフェース(UI)対応に向けた最新動向及び材料・デバイス技術と今後」セミナーにおきまして弊社 開発部長 中谷健司が講演いたします。
    (2011.5.27(金)[東京・大井町]きゅりあん4階第1グループ活動室にて)

    題名 : 「タッチパネルと最新ユーザーインターフェース(UI)技術動向」
    http://www.johokiko.co.jp/seminar_chemical/AC110541.php


  • 2011.5.12 (株)電子ジャーナル主催Electronic Journal 第776回 Technical Seminar「タッチパネルと部材の最新動向★徹底解説~静電容量方式を中心に~」におきまして弊社 副社長 板倉義雄が講演いたします。
    (2011.5.26(木)東京・御茶ノ水 総評会館にて)

    題名 : 「各種タッチパネルの市場動向」他
    ☆スマートフォンやスレートPC(タブレットPC)のブームにより、タッチパネルは入力インターフェースとして、一般ユーザーにすっかり定着した感があります。今後、さらに拡大が見込まれる有望市場であり、関連する部材・装置では新規参入するメーカーが相次いでいる状態です。中でも、操作性や視認性、耐久性などの性能向上、量産技術の効率化向けて、カバーガラスや貼り合わせ用の粘着剤、粘着テープなどが注目されており、新たな材料が続々と登場しています。本セミナーでは、このような活況の中にあるタッチパネルについて、各部材の市場動向や技術動向、各方式の最新動向、特に静電容量方式タッチパネルとその部材の開発動向、さらに開発中の最新タッチパネルなどを徹底解説します。
    http://www.electronicjournal.co.jp/t_seminar/776.html


  • 2011.5.10 N-PLUS 高機能フィルム開発技術展(FILMEC)2011にて弊社 開発部長 中谷健司が講演いたします。

    開催日:  2011年5月19日(木)14:00~
    会場:    東京ビッグサイト 展示ホール内特設ステージ
    主催:    一般社団法人プラスチック工業技術研究会
    共催:    アテックス株式会社
    ソリューションセミナー
    題名「タッチパネルの市場と最新材料動向」
    ★タッチパネルはスマートフォン、iPadなどでUI機器として認知された。タッチパネルの主流を占めつつあるのが静電容量タッチパネルである。このパネルを作成するための材料も低抵抗化、微細加工化のために新しい材料を求めており、又製品化に必要な各種フィルム貼り合せ技術にも新しい波が生じている。本稿ではパネルの市場動向と必要な部材の動向、開発状況を報告する。
    http://www.n-plus.biz/visitors/seminor.html


  • 2011.5.9 サイエンス&テクノロジー(株)主催「透明導電材の市場、技術、開発の最新動向」セミナーにおきまして弊社 副社長 板倉義雄が講演いたします。(2011.5.19(木) 東京・大田区平和島 東京流通センター 2F 第5会議室にて)

    題名:「タッチパネル用途透明導電材の技術動向」
    ★iPhone、iPadの人気でタッチパネルが脚光浴びている。主力材料が透明導電材で100%ITOである。ITOはディスプレイの主力材料でもあるが、タッチパネル用途なりの必要特性が異なる。本セミナーでは種々のタッチパネル用の必要特性を解説する。さらにITO代替の開発状況を報告する。
    http://www.science-t.com/seminar/B110550.htm


  • 2011.4.22 第14回 組込みシステム開発技術展に出展いたします。弊社ブースに是非お立ち寄りください。
    会期:2011年5月11日(水)~13日(金)10:00~18:00(13日(金)のみ17:00終了)
    会場:東京ビックサイト 西展示棟
    主催:リード エグジビション ジャパン株式会社
    出展場所:”小間番号 西11-33”
    展示予定:光学式10点マルチタッチパネル 32インチ 21.5インチ・光学式55インチマルチタッチモニター 6点同時入力 ・静電容量式2.8インチ~10.4インチタッチパネル・マルチタッチテーブルコンピューター
    https://www.exhibitor.jp/SODEC/ja/index.php?ID=PUB


  • 2011.4.6 (株)テクノタイムズ社より 月刊ディスプレイ別冊「新・タッチパネル実用講座」が発売されます。 (発刊2011年4月8日)
    題名 :「新・タッチパネル実用講座」
    監修 : 弊社 代表取締役 三谷雄二・副社長 板倉義雄
    総論 : 代表取締役 三谷雄二
    http://www.techno-times.co.jp/kikan-syoseki-morenewTouch2011.htm


  • 2011.4.1  第2回高機能フィルム技術展~フィルムテックジャパン~にて弊社 開発部長 中谷健司が講演いたします。

    開催日:  2011年4月14日(木)13:30~
    会場:    東京ビッグサイト
    主催:    リード エグジビション ジャパン株式会社

    専門技術セミナー
    フレキシブルデバイスの最前線 ~市場動向とフィルム基板への要求~
    題名「タッチパネルの技術動向とフィルム基板への要求」
    http://www.filmtech.jp/filmtech/jp/conference11/index.phtml#FILMK


  • 2011.3.30 (社)内外情勢調査会会報誌(時事通信社発行)「J2 TOP」2011年4月号(2011年3月25日発行)
    「世界に誇る!日本の中小企業」に弊社 代表取締役 三谷雄二のインタビューが掲載されました。


  • 2011.3.28 株式会社 技術情報協会主催「タッチパネル貼り合わせ材における最適選定とトラブル防止技術」
    におきまして 弊社 開発部長 中谷健司が講演いたします。
    (2011.3.28(月)・29(火)(東京・五反田 ゆうぽうと5F かたくり にて))

    題名 : 「Ⅰ.各種タッチパネルの最新技術・市場と各方式の構造」・「Ⅱ .タッチパネルの貼り合せ技術とタッチパネルの評価」
    http://www.gijutu.co.jp/doc/s_103418.htm


  • 2011.3.24 第21回 ファインテックジャパンへ出展いたします。弊社ブースに是非お立ち寄りください。

    会期:2011年4月13日(水)~15日(金) 10:00~18:00(15日(金)のみ17:00終了)
    会場:東京ビッグサイト
    主催:リード エグジビション ジャパン株式会社
    出展場所:東館6ホール”小間番号 20-3”
    展示予定:光学式55インチモニター、6点同時入力 ・静電容量式10.4インチマルチタッチモニター 5点同時入力
    ・静電容量式7インチタッチパネル・32インチテーブルコンピュータ(32点同時入力)
    ・タッチパネル超高速打鍵試験機・ベゼルホワイト品タッチモニター(抵抗膜式)等
    http://www.r-exhibit.jp/april2011/search/jp/index.asp?entexhibit=FTJ


  • 2011.3.23 3.19(土) 午後11時~11時30分 日本テレビ【心ゆさぶれ!先輩Rock You】心ゆさぶるトゥルーストーリーで
    弊社 代表取締役 三谷雄二が取り上げられました。
    こちらをご覧下さい。
    http://www.ntv.co.jp/rockyou/truestory/2011/03/post-44.html


  • 2011.3.23 2.22(火) 東京都産業労働局商工部ホームページ内「東京発!光輝く元気な企業事例集」に弊社が掲載されました。

    ◆助成事業を効果的に活用しながら、ハイエンドな製品開発を実現
    http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/shoko/kigyoujireisyu/contents/touchpanel/index.html


  • 2011.3.14 (財)光産業・技術開発協会(PIDA)主催「2011年タッチパネルにおける技術と発展トレンドセミナー」
    におきまして 弊社 廉澤教雄が講演いたします。
    (2011.3.17(木)財団法人光産業・技術開発協会(PIDA)(5F, No.9, Roosevelt Road, Sec.2, Taipei 10093, Taiwan))

    題名 : 「世界タッチパネル産業2011年応用トレンド」
    http://www.pida.org.tw/usub/jp/seminar_01.asp


  • 2011.3.7 高分子学会 フォトニクスポリマー研究会主催 第5回フォトニクスポリマー研究会講座
    「ディスプレイとフォトニクスポリマー」におきまして弊社 開発部長 中谷健司が講演いたしました。
    (2011.3.3(木)神奈川・横浜 慶應義塾大学日吉キャンパスにて)

    題名 : 「タッチパネルの業界動向と技術展望」
    http://www.spsj.or.jp/entry/annaidetail.asp?kaisaino=613


  • 2011.2.14 (株)R&D支援センター主催 「タッチパネルの最新技術トレンドと材料開発」セミナーにおきまして弊社 開発部長 中谷 健司が講演いたします。(2011.2.24東京・江東区 商工情報センター カメリアプラザ 9F 会議室にて)
    題名 :「マルチタッチ、市場動向、新しいタッチパネル方式、評価方法」
    ★タッチパネルの中でも市場の拡大が著しい、マルチタッチ対応タッチパネルの種類とその製造に必要な材料の最新動向を詳しく説明する。またタッチパネルの評価方法やこれから登場する新しいタッチパネルの技術動向を説明する。
    http://www.rdsc.co.jp/seminar/110223.html


  • 2011.2.2 (株)電子ジャーナル主催Electronic Journal 第683回 Technical Seminar
    「光学&機能性フィルム最新動向★徹底解説」におきまして弊社 副社長 板倉義雄が講演いたします。
    (2011.2.16(水)東京・御茶ノ水 総評会館にて)

    題名 : 「光学&機能性フィルム技術総論」
    ☆薄型TVをはじめノートPC/モニタ、携帯電話/スマートフォン、タブレット端末、デジタルカメラ、車載機器、デジタルサイネージなど、FPDの用途はさらに広がりを見せ、一層の高機能化・高画質化が進んでおり、タッチパネルの採用も急拡大しています。こうした中、ディスプレイの画質や視認性を決定する光学フィルムや、透明導電性フィルムなどの機能性フィルムへの要求はさらに厳しいものになっており、特に光学フィルムには、防眩、防汚、防塵、視野角拡大、輝度向上、覗き込み防止、低反射や反射防止など、用途や使用環境に応じた性能向上、低コスト化が求められている他、需要拡大が見込まれる3D対応の技術も欠かせないものになってきております。本セミナーでは、こうした要求や課題に向け、さらなる改善が進む光学&機能性フィルムの最新動向を、業界の第一人者の方々が徹底解解説します。
    http://www.electronicjournal.co.jp/t_seminar/683.htmlm


  • 2011.1.21 (株)&Tech(AndTech,アンドテック)主催 「タッチパネル用ハードコートフィルムの市場・メーカー動向と高機能化技術」セミナーにおきまして弊社 開発部長 中谷健司が講演いたします。
    (2011.1.26神奈川・川崎 国際交流センター 第1会議室 にて)

    題名 :「タッチパネルの市場・材料技術動向」
    ★タッチパネルハードコートフィルムの市場・技術の最近の動き!
    ★耐擦傷性・耐指紋性・耐候性・防汚性・透明性・基材密着性・隠蔽性の向上! 光拡散制御・評価!
    http://ec.techzone.jp/products/detail.php?product_id=1350


  • 2011.1.10 ISS産業科学システムズ主催 「タッチパネルの技術動向とITOの代替材料最前線セミナー」におきまして
    弊社 副社長 板倉義雄が講演いたします。(2011.1.11(火)東京・飯田橋 産業科学システムズ会議室にて)

    題名 : 「タッチパネルにおけるITO素材の使用状況」
    http://www.ebrain-j.com/cgi-bin/seminar/seminar_detail.cgi?id=20110111-0023&date=201101


  • 2011.1.6  第40回インターネプコンジャパンにて弊社 開発部 部長 中谷健司 が講演いたします。

    開催日:2011年1月19日(水曜日)13:30~
    会場:東京ビッグサイト
    主催:リード エグジビション ジャパン株式会社
    http://www.nepcon.jp/inj/jp/conference11/#undefined/
    専門技術セミナー
    【INJ-6】タッチパネルの最新技術と今後の展望
    講演 「タッチパネルの最新技術動向」


  • 2010.12.27 テレビ東京 『カンブリア宮殿』の取材を受けました 12月31日放映予定!
    …予告より「iPadを生んだタッチパネルの元祖」
    発売日には世界中で行列ができた「iPad」。人気の大きな理由が、指先でタッチするだけで操作できる簡単さにある。各メーカーもタッチパネル付きの携帯電話や情報端末を相次いで発売。タッチパネルが携帯端末に革命的変化をもたらした。このタッチパネルの原型は、ある日本人が開発していた。
    http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/yokoku.html/


  • 2010.12.21 (株)情報機構より「PEDOTの特性・合成手法とデバイス応用」が発売されます。(発刊2011年1月末)
    一部執筆 : 弊社 開発部長 中谷 健司
    ~有機EL,太陽電池,コンデンサ,帯電防止フィルム,アクチュエータ,電子ペーパー,タッチパネル~
    http://www.johokiko.co.jp/publishing/BC110102.php /


  • 2010.12.6 (株)電子ジャーナル主催Electronic Journal 第642回 Technical Seminar「静電容量方式タッチパネル製造技術」におきまして弊社 副社長 板倉義雄が講演いたします。(2010.12.17(金)東京・御茶ノ水 総評会館にて)

    題名 : 「静電容量方式タッチパネルの製造技術動向」
    ☆タッチパネルは、スマートフォンなどモバイル機器への搭載が本格化してからというもの、急激な勢いで普及しています。中でも静電容量方式タッチパネルは、各種情報端末の入力インターフェースとして主流になりつつあります。しかし、その製造法などはノウハウの部分が多く、なかなか知ることができません。本セミナーでは、静電容量方式タッチパネルの製造法と構成部材の動向、さらに次世代技術として有力視されている静電容量方式タッチパネルのオンセル化技術について解説します
    http://www.electronicjournal.co.jp/t_seminar/642.html


  • 2010.12.6  FPD International CHINA 2010 / Summit and Seminarにて弊社 代表取締役 三谷雄二が講演いたします。

    開催日:2010年12月10日(金曜日)15:15~
    会場:中国・北京 国家会議中心
    主催:中国光学光電子行業協会液晶分会,日経BP社
    http://techon.nikkeibp.co.jp/fpd/fpdchina2010/program.html /
    技術セッション
    【A-2】 FPDの常識を覆す,タッチ・パネルと3Dディスプレイ技術
    基調講演 「タッチ・パネルの最前線」
    アップルの携帯電話「iPhone」やパネルPC「iPad」、マイクロソフトのテーブルコンピュータ「Surface」など話題になる製品が次々に開発され、タッチパネルの可能性は無限に広がっている。従来は抵抗膜式、静電容量式、光学式、超音波式などのタッチパネルがこの業界を牽引していたが、投影型静電容量式や赤外線カメラ式など新しい原理のタッチパネルが開発され、従来出来なかったマルチ入力が可能になり、ジェスチャーで簡単に操作できるようになった。また、市場が拡大し大手の液晶、カラーフルタやICメーカなどがタッチパネル業界に参入し、業界は激変した。


  • 2010.11.25 (株)テクノタイムズ社「月刊ディスプレイ12月号」に弊社技術文献が掲載されます
    ◆特集 タッチパネルがディスプレイを変える
    「タッチパネルの最近の開発動向」弊社 代表取締役 三谷雄二
    http://www.techno-times.co.jp/display-latest.htm


  • 2010.11.19 (株)技術情報協会主催 「タッチパネルの構成部材と材料開発」≪材料・部材への要求特性≫と≪新規材料開発アイデア≫セミナーにおきまして弊社 開発部長 中谷健司が講演いたします。(2010.11.25東京・王子 北とぴあ 701号室にて)
    題名 : 第1部「タッチパネルの市場・技術動向の把握」
    題名 : 第2部「各種構成部材ごとの求められる特性」
    ☆★タッチパネルの各種材料の特徴と他部材との相性は?開発の際何を注意すればいいの?どうやって使われるの?セットした後の評価って??
    http://www.gijutu.co.jp/doc/s_011278.htm


  • 2010.10.27 FPD International 2010(タッチパネル 2010)にて弊社 代表取締役 三谷雄二が講演いたします。

    会期:2010年11月11日(木) 9:30~16:00~12日(金)10:00~17:00
    会場:アパホテル 第1会場
    ◆タッチパネルフォーラム(座長:三谷雄二)
    「1兆円市場を射程に捉えた,タッチ・パネルの技術と市場を読む」
    ~技術の全体動向から,注目のトピックスまでを詳説~
    マルチタッチ,大型化,薄型・軽量化,耐久性向上などを実現した“新世代タッチ・パネル”がこの1~2年で相次いで登場する。このような新世代タッチ・パネルは,機器を差異化する切り札となる。また,ケータイやゲーム機,テレビといった機器だけでなく,オフィスや家の壁やテーブルに,タッチ・パネルが組み込まれる日もそう遠くないかもしれない。本フォーラムでは,タッチ・パネルの用途に新たな広がりをもたらす決め手となる,マルチタッチ,大型化,薄型・軽量化,耐久性向上などの,タッチ・パネルの技術進化について詳細に解説する。

  • 2010.10.26 FPD International 2010(タッチパネル 2010)へ出展いたします。弊社ブースに是非お立ち寄りください。

    会期:2010年11月10日(水)~12日(金)10:00~17:00
    会場:幕張メッセ
    主催:日経BP社
    出展場所:小間番号「4726」
    展示予定:テーブルコンピュータ、抵抗膜式タッチモニター(12・15・22インチ)、超音波式タッチモニター(15インチ)、光学式マルチタッチ(17・22インチ)、タッチモジュール(5.6・7・8インチ)、デジタルサイネージ、方式別タッチパネル単品
    http://expo.nikkeibp.co.jp/fpd/2010/touchpanel/


  • 2010.10.22 (株)テクノタイムズ社「月刊ディスプレイ11月号」に弊社技術文献が掲載されます
    ◆特集 光学フィルム・機能フィルム
    「光学・機能フィルムの用途別最新技術動向」弊社 副社長 板倉義雄
    http://www.techno-times.co.jp/display-latest.htm#title1


  • 2010.10.18 日経BP社より 日経エレクトロニクス・Tech-On!編 「タッチ・パネル最前線」が発売されております。

    一部執筆 : 弊社 副社長 板倉義雄
    《 材料技術 》
    総論「タッチ・パネル材料の最新動向,抵抗膜材料から静電容量方式の部材まで」
    透明電極材料「透明電極に新材料を導入,曲がる,安いでITOを代替」
    http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/187390.html


  • 2010.10.18 (株)&Tech(AndTech,アンドテック)主催 「タッチパネル(抵抗膜式・静電容量式)の市場・材料技術動向と検査技術」セミナーにおきまして弊社 開発部長 中谷健司が講演いたします。
    (2010.10.28神奈川・武蔵溝の口 てくのかわさき にて)
    パネルの基本原理から、パネルを作成するに必要な材料特性、作成法等を紹介。抵抗膜式、静電容量式の他、光学式や新型タッチパネルも解説いたします
    http://www.ipros.jp/ipros/contents/products.do?bannerId=6&syouhinId=326877262


  • 2010.10.4 (株)技術情報協会より 書籍「透明導電膜・フィルムの 高透明・低抵抗化と耐久性向上」が発売されます

    一部執筆 : 弊社 副社長 板倉義雄・谷 佳洋
    ・トレードオフである高透明性と高導電性を両立する!そのためのITO、ITO代替材料における材料設計のポイントとは?
    ・デバイスメーカーが現場で求める実際の要求特性とは? 各用途に応じてわかりやすく解説!
    ・「本当に求められる特性」を満たせるデバイスメーカーからの信頼性の高い試験・評価事例!!
    http://www.gijutu.co.jp/doc/b_1572.htm


  • 2010.9.30 (社)日本印刷学会 技術委員会P&I研究会主催 2010年度 第3回 P&I研究会シンポジウム 「ディジタルイメージングの動向と展望 ~入力デバイスと印刷技術の接点~」におきまして弊社 副社長 板倉義雄が講演いたします。
    (2010.10.14東京・中央区 日本印刷会館2階会議室にて)

    題名 : 「タッチパネルとは~市場と技術概観」


  • 2010.9.22 (株)技術情報協会主催 「透明導電材料における高機能化とプラスチックフィルムへの塗布・成膜技術」セミナーにおきまして弊社 副社長 板倉義雄が講演いたします。(2010.9.30東京・五反田 ゆうぽうと 5F さわらびにて)

    題名 : 「透明導電材・透明導電フィルムの技術動向と要求特性」
    題名 : 「タッチパネル機能複合化に対応する透明導電膜加工と耐環境性向上」
    ☆基礎的なことからタッチパネルなどへの応答展開までみっちり学べる!ビジネス展開としてのフィルム技術!!!
    ☆新規代替、塗布・成膜技術を学び、知識と技術を飛躍的に向上!
    ~新規ITO代替塗布型透明導電体・塗布・成膜フィルムへの密着性向上~
    http://www.gijutu.co.jp/doc/s_009440.htm


  • 2010.9.22 (株)技術情報協会主催 「タッチパネル技術における構成部材への要求とアプリケーション展開」セミナーにおきまして弊社 開発部長 中谷健司が講演いたします。(2010.9.24東京・御茶ノ水 中央大学駿河台記念館 570号室にて)

    題名 : 「各種タッチパネルにおける技術動向と構成部材の要求特性」
    ☆iPadをはじめとするタッチタブレットやスマートフォンにおける、アプリケーションの将来展望から、新規ビジネスチャンスを探る!
    ☆ますます高機能化が進むタッチパネルで、どこまでの「技術」が要望としてあるのか?各先端材料メーカーの技術を把握する!
    http://www.gijutu.co.jp/doc/s_009417.htm


  • 2010.9.21 (株)技術情報協会「月刊MATERIALSTAGE(マテリアルステージ)2010年9月号」に弊社技術文献が掲載されています。
    ◆マテリアルニュース&トピックス
    「銀系ナノ粒子など透明導電材の技術動向」 弊社 副社長 板倉義雄
    http://www.gijutu.co.jp/doc/magazine/m_2010_09.htm


  • 2010.9.14 (株)テクノタイムズ社主催 第33回「月刊ディスプレイ」技術セミナーにおきまして弊社副社長 板倉 義雄が講演いたします。(2010.9.29東京・御茶ノ水 総評会館にて)
    副座長:弊社副社長 板倉義雄
    題  名:「光学フィルムの最新技術動向」
    FPD用光学フィルム技術研究会
    透明導電材の最新動向「最近の市場と開発動向を徹底解説!」

    フラットパネルディスプレイ(FPD)・液晶(LCD)・・・ 次世代型 “薄い!安い!” のカラクリに迫る

     最近の液晶ディスプレイ用光学フィルム業界では、新規機能付与競争は一段落し、偏光板保護フィルムタック、光学補償フィルムを一枚のフィルムに統合化して既存機能を実現する薄型化、シンプル化、コストダウン型の新規フィルム開発が活発に行われている。
     又、シクロオレフィン系、アクリル系などのタック代替素材開発が結実し、LCD-TVに搭載され始めている。本研究会では、これら材料開発の主要会社と、製膜・延伸設備会社に、その取組を紹介していただき、総合的に技術の潮流、本命素材を俯瞰する。


  • 2010.9.10 採用情報を掲載いたしました


  • 2010.9.6 (株)電子ジャーナル主催 Electronic Journal 第573回 Technical Seminar「タッチパネル構成部材★徹底解説」セミナーにおきまして弊社 副社長 板倉義雄が講演いたします。(2010.9.10 東京・御茶ノ水 総評会館にて)
    「タッチパネル構成部材★徹底解説」セミナー

  • 2010.8.30 大阪産業創造館主催 「ものづくりトピックスセミナー」におきまして弊社 代表取締役 三谷雄二が講演いたします。(2010.10.15大阪・中央区 大阪産業創造館13階にて)
    題名 : 「指先ひとつで世界を変えろ!株式会社タッチパネル研究所の挑戦物語」
    http://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=11055

  • 2010.7.6 第1回 教育ITソリューションEXPO出展いたします。弊社ブースに是非お立ち寄りください 。
    第1回 教育ITソリューションEXPO
    会期:2010年7月8日(木)~10日(土) 10:00~18:00
    会場:東京ビッグサイト
    主催:リード エグジビション ジャパン株式会社
    出展場所:西1・2ホール ブース番号:11-62
    出展フェア名:教育用ハードウェア ゾーン
    展示予定:大型(46インチ)光学式マルチタッチモニター ・抵抗膜式タッチモニター(22インチ)・32インチカメラ式タッチモニター ・15インチマルチタッチ・U-Pointer(電子ペン入力)ほか

  • 2010.5.10 第13回 組込みシステム開発技術展に出展いたします。弊社ブースに是非お立ち寄りください。
    第13回 組込みシステム開発技術展
    会期:2010年5月12日(水)~14日(金) 10:00~18:00 (14日(金)のみ17:00終了)
    会場:東京ビッグサイト
    主催:リード エグジビション ジャパン株式会社
    出展場所:東展示棟 東32-25
    展示予定:大型(46インチ)光学式マルチタッチモニター・抵抗膜式タッチモニター(22インチ)・超音波式タッチモニター・曲面タッチパネル(静電容量式)・テーブルコンピュータ・抵抗膜式マルチタッチ・ユーポインター(電子ペン入力)ほか

  • 2010.4.12 BS日テレ T.B.L財部(たからべ)経済研究所の取材を受けました。放映予定は 5.13(木)22:00~です。


  • 2010.3.25 東京信用保証協会発行の中小企業向け情報誌「Guarantee+(ギャランティープラス)」
    2010年2月号(春号)の巻頭ページ「蒼井里紗の元気な社長さんインタビュー」に代表取締役の三谷が登場しました。


  • 2010.3.20 雑誌「宝島」2010年4月号の「特集 日本全国!ビックリするほど景気のいい話」に掲載されました。


  • 2010.3.3 日本テレビ スッキリ!!の情報早読みチェックのコーナーの宝島4月号「北海道から沖縄まで地方で見つけた!まだまだある!景気のいい話、地方発『儲かっている会社』」で取り上げられました。
    こちらをご覧下さい。http://www.ntv.co.jp/sukkiri/contents/check/2010/0303/check.html


  • 2009.8.17 「FPD International 2009」への出展が決定いたしました。小間No.2805に出展します。是非お立ち寄りください。
    http://techon.nikkeibp.co.jp/FPDI/FPDI2009/leaf/outline.html
    展示予定:タッチパネル付液晶モニター、タッチパネル付液晶モジュール、パネルコンピュータ
    フラットパネルディスプレイおよび製造装置・部品・材料の総合展示会+フォーラム FPD International 2009
    会期 : 2009年10月28日(水)~30日(金) 10:00~17:00
    会場 : パシフィコ横浜
    主催 : 日経BP社 (共催 : SEMI)


  • 2009.8.17 JEITA/半導体実装・製品技術専門委員会/集積回路製品技術小委員会 ディスプレイデバイス(DD)標準化専門委員会主催セミナーにおきまして弊社 材料事業部 課長 廉澤教雄が講演いたします。
    開催日 : 2009.9.16
    テーマ : 「種々のタッチパネルとモバイル用抵抗膜式タッチパネルの技術動向」
    http://home.jeita.or.jp/device/japanese/orga/orga_6.htm


  • 2009.7.24 (株)情報機構主催 「タッチパネルの最新技術」セミナーにおきまして弊社 副社長 板倉義雄が講演いたします。(2009.8.21東京・浜松町産業貿易センター地下1階第2会議室にて)
    題名 : 「透明導電フィルムの市場と技術動向」タッチパネル用途で拡大する透明導電フィルム
    http://www.johokiko.co.jp/seminar_electric/AB090814.php


  • 2009.7.15 サイエンス&テクノロジー(株)主催「抵抗膜式・静電容量式タッチパネルの材料技術動向と評価技術」セミナーにおきまして弊社 副社長 板倉義雄、加工品事業部 谷佳洋が講演いたします。(2009.7.29 東京・品川区大井町 きゅりあん 5F 第2講習室にて)
    セミナー内容
    第1部タッチパネルの市場動向と抵抗膜式タッチパネルの材料の市場・技術動向(板倉 義雄)
    第2部静電容量式タッチパネルの材料の市場・技術動向(板倉 義雄)
    第3部タッチパネルの評価方法(谷 佳洋)
    http://www.science-t.com/seminar/A090729.htm


  • 2009.6.11 日経エレクトロニクス・日経アカデミー主催「FPD タッチパネルの全容 タッチパネルの最新技術動向と今後の展開」セミナーにおきまして弊社 代表取締役 三谷 雄二 ・ 副社長 板倉 義雄 が講演いたします。(2009.6.29東京・秋葉原・UDXカンファレンス6Fにて)
    題名 : 「タッチパネルの業界動向と技術展望」 三谷 雄二
    題名 : 「タッチパネル材料の最新動向」 板倉 義雄
    http://techon.nikkeibp.co.jp/NE/academy/090629.html


  • 2009.6.11 (財)科学技術振興会主催「情報ディスプレイ技術研究委員会 第141回定例会」におきまして弊社 代表取締役 三谷 雄二が講演いたします。(2009.6.12東京・神楽坂・森戸記念館にて)
    題名 : 「タッチパネルの最新業界動向」 三谷 雄二


  • 2009.6.2 テクノタイムズ社主催 第29回「月刊ディスプレイ」技術セミナーにおきまして弊社 社長 三谷 雄二、副社長 板倉 義雄 が講演いたします。(2009.6.11東京・御茶ノ水 総評会館201号室にて)
    副座長:弊社副社長 板倉義雄
    題 名:「タッチパネルから見た導電フィルム材料とは」(三谷)
    「静電容量タッチパネルの材料動向」(板倉)
    http://www.techno-times.co.jp/29th-seminar.htm
    透明導電材の最新動向「最近の市場と開発動向を徹底解説!」


  • 2009.6.1 (株)電子ジャーナル主催 Electronic Journal 第355回 Technical Seminar「タッチパネルの最前動向★徹底解説」セミナーにおきまして弊社 副社長 板倉義雄が講演いたします。(2009.6.10 東京・御茶ノ水 総評会館にて)
    題名 : 「タッチパネルの最新動向」
    http://www.electronicjournal.co.jp/


  • 2009.5.8 (株)日本テクノセンター主催 「タッチパネルの最新技術と今後の動向」セミナーにおきまして弊社社員4名が講演いたします。(2009.6.1~2 東京・西新宿 新宿第一生命ビル (株)日本テクノセンター研修室にて)
    プログラム:
    I.種々のタッチパネルと市場
    II.抵抗膜式タッチパネルの原理と評価方法
    III.静電容量式タッチパネル&マルチタッチ技術
    IV.タッチパネルの材料動向
    V.ITO代替技術動向
    http://blogj-techno.weblogs.jp/jtechno_online/2009/04/post-dd02.html


  • 2009.4.30 経済産業省・中小企業庁主催「2009 元気なモノ作り中小企業300社」に選定されました!
    2009年300社は、「日本のイノベーションを支えるモノ作り中小企業」、「キラリと光るモノ作り小規模企業」として全国でそれぞれ150社ずつ選定されております。弊社は「日本のイノベーションを支えるモノ作り中小企業」として選定されました。


  • 2009.4.30 サイエンス&テクノロジー(株)主催「静電容量式タッチパネルの市場展望と技術動向」セミナーにおきまして弊社 副社長 板倉義雄が講演いたします。(2009.5.22 東京・江東区亀戸 商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 第2研修室にて)
    題名 : 「静電容量タッチパネルの材料動向」
    http://japan.zdnet.com/event_info/story/0,3800075429,00016420p,00.htm


  • 2009.4.24 (株)電子ジャーナル主催 Electronic Journal 第341回 Technical Seminar「タッチパネルの最前線★徹底検証」セミナーにおきまして弊社 副社長 板倉義雄が講演いたします。(2009.5.18 東京・御茶ノ水 総評会館にて)
    題名 : 「タッチパネル用透明導電フィルムの現状と最新動向」
    http://www.electronicjournal.co.jp/


  • 2009.4.22 (株)情報機構主催 「タッチパネルの最新技術」セミナーにおきまして弊社 副社長 板倉義雄が講演いたします。(5.15東京・竹橋ちよだPLATFORM SQUARE地下1階ミーティングルーム2にて)
    題名 : 「タッチパネルにおける材料動向とマルチ入力技術」
    現在不況状態のFPD業界の中、健闘している透明タッチパネルの市場動向並びに材料の技術動向について述べる。又、マルチ入力技術についても解説する。
    http://www.johokiko.co.jp/seminar_electric/AB090506.php


  • 2009.4.10 第12回 組込みシステム開発技術展に出展いたします。弊社ブースに是非お立ち寄りください。
    会期:2009年5月13日(水)~15日(金)10:00~18:00(15日(金)のみ17:00終了)
    会場:東京ビッグサイト
    主催:リード エグジビション ジャパン株式会社
    出展場所:東展示棟 東36-14
    展示予定:抵抗膜方式マルチタッチシステム・静電容量プラスチックパネル・46インチ透過型静電容量フィルム タッチパネル・タッチパネル付LCDモジュール・タッチパネル付LCDモニター



  • 2009.3.30 第19回 ファインテック・ジャパン (フラットパネル ディスプレイ研究開発・製造技術展)にて弊社 代表取締役 三谷雄二が講演いたします。
    ◆タッチパネルコース 2009年4月17日(金)9:30~12:30
    題名 : 「タッチ・パネルの最新業界動向」
    [講演内容]タッチパネル業界は、ユーザー・インターフェース機能向上やさまざまなアプリケーションの登場により需要が急増し活気を呈している。2007年にアップル社が発表した「iPhone」は、新鮮なデザインとゼスチャー入力という新しい機能が付加できる新しいタイプの静電容量式のタッチパネルが採用され、タッチパネル業界に衝撃を与えた。また、タッチパネル関連材料ビジネスへの新規参入企業、In Cell技術などの関連技術の開発、今後の課題などについて講演する。
    http://www.ftj.jp/jp/conference/conference/sessionB4.phtml#B4


  •  
  • 2009.3.30 半導体/FPD/電子デバイス総合情報誌 「Semiconductor FPD World 2009年4月号」に弊社技術文献が掲載されました。
    ◆採用が加速するタッチパネルの最新開発動向 新構造・新材料による特徴ある製品が登場 さらなる市場の拡大に期待がかかる
    弊社 代表取締役 三谷雄二
    同号はファインテック・ジャパン特集号になります
    http://www.pressjournal.co.jp/magazine/mgz_sfw.html


  • 2009.3.25 第1回 国際タッチパネル技術展~タッチパネル ジャパン~へ出展いたします。弊社ブースに是非お立ち寄りください。



    会期:2009年4月15日(水)~17日(金)10:00~18:00(17日(金)のみ17:00終了)
    会場:東京ビッグサイト
    主催:リード エグジビション ジャパン株式会社
    出展場所:東展示棟No.41-44
    展示予定:抵抗膜方式マルチタッチシステム・静電容量プラスチックパネル・46インチ透過型静電容量フィルム タッチパネル
    http://www.tpjapan.jp/


  • 2009.3.25 (株)技術情報協会より 「最新タッチパネル技術」が発売されます
    一部執筆 : 弊社 宮沢収
    ・ケータイ、モバイルを中心に続々と新製品が誕生する革新的ユーザーインターフェース!
    ・デザイン、操作性の流れを変えた「タッチパネル」の各方式、原理、構成部材、新感覚フィードバック技術など最新動向を掲載!
    http://www.gijutu.co.jp/doc/b_1521.htm


  • 2009.3.12 (株)技術情報協会主催 「透明導電性フィルムにおける 最新部材技術と開発動向」セミナーにおきまして弊社 副社長 板倉義雄が講演いたします。(2009.3.17東京・御茶ノ水 中央大学駿河台記念館 330号室にて)
    題名 : 「透明導電フィルムの技術動向」
    ☆タッチパネル、太陽電池、EL、各種アプリケーションへの応用が広がる透明導電膜とフィルム化の最新技術!
    ☆ITO塗布型透明導電膜・グラフェン・カーボンナノチューブ応用・有機系透明導電膜作成などの技術動向!
    http://www.gijutu.co.jp/doc/s_903431.htm


  • 2009.3.12 八王子国際協会主催「留学生対象 就職セミナー」が開催され弊社 代表取締役 三谷 雄二が講演をいたしました。(2009.3.8東京・八王子市 八王子スクエアビルにて)
    題名 : 「国際化している八王子の企業とその仕事」
    http://homepage3.nifty.com/koko-8/


  • 2009.2.27 日経エレクトロニクス・日経アカデミー主催「FPD タッチパネルの全容 タッチパネルの最新技術動向と今後の展開」セミナーにおきまして弊社 代表取締役 三谷 雄二 ・ 副社長 板倉 義雄 が講演いたします。(2009.3.19東京・千代田区 化学会館にて)
    題名 : 「タッチパネルの市場動向と抵抗膜方式タッチパネルの技術展望」 三谷 雄二
    題名 : 「タッチパネル材料の最新動向」 板倉 義雄
    http://techon.nikkeibp.co.jp/NE/academy/090319.html


  • 2009.2.27 (株)技術情報協会「月刊MATERIALSTAGE(マテリアルステージ)2009年3月号」に弊社技術文献が掲載されます。

    ◆マテリアルフォーカス:オプトロニクス 2か月連続フォーカス 第1段! 傷やぬれによる動作不良,落下衝撃性など 
    タッチパネルの技術トレンド(1) -マテリアル編,操作性向上,試験分析編-
    「今なぜ注目されているか?~タッチパネルの需要,動向」 弊社 副社長 板倉義雄
    「タッチパネルの電気特性,機械的特性,繰り返し耐久性評価」 谷佳洋
    http://www.gijutu.co.jp/doc/magazine/m_2009_03.htm


  • 2009.2.27 Tech-On!2009/02/25 に弊社記事が掲載されました。
    「タッチパネルの進化はこれから」,タッチパネル研究所の三谷社長が今後を展望
    http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20090225/166287/


  • 2009.2.4 日経マイクロデバイス監修 日経FPD2009 「開発者が語るFPD最先端技術と戦略」技術戦略編に寄稿いたしました
    弊社 代表取締役 三谷雄二
    Part10 タッチ・パネル技術 ─ 新たなユーザー・インターフェースとして進化 ─
    〈市場動向〉新たなユーザー・インターフェースとして進化するタッチ・パネル 抵抗膜式マルチタッチ,小型光方式など常識を覆す展開が加速


  • 2009.1.28 第1回 国際カーエレクトロニクス技術展(通称:カーエレJAPAN)へ出展いたします。弊社ブースに是非お立ち寄りください。

    会期:2009年1月28日(水)~30日(金) 10:00~18:00(30日(金)のみ17:00終了)
    会場:東京ビッグサイト
    主催:リード エグジビション ジャパン株式会社
    出展場所:東展示棟:東26-23
    展示予定:15インチ抵抗膜マルチタッチモニター・22インチタッチモニター・プラスチック型静電容量パネル・42インチ透過型静電容量パネル
    https://www.r-exhibit.jp/inwcar2009/search/jp/index.asp?entexhibit=CAR&selexhibit=CAR


  • 2008.12.17 (株)情報機構主催 「タッチパネル技術の現状と今後」セミナーにおきまして弊社 副社長 板倉義雄が講演いたします。(2009.1.28東京・御茶ノ水 中央大学駿河台記念館にて)
    セミナー内容
    1.パネルメーカーと光学フイルムメーカーの最近の事業比較
    2.FPD用光学フイルムとメーカーシェア
    3.LCD光学フイルム技術内容解説
    偏光板・光学補償フイルム・輝度アップフイルム・バックライト用光学フイルム・ARフイルム・ITOフイルム・EMI用フイルム
    4.PDP用光学フイルター
    5.ACFの技術動向
    6.他光学フイルムの技術動向
    7.IN-CELL技術動向(パネル内の光学機能を取り込む)
    8.タッチパネルの最近の技術動向
    http://www.johokiko.co.jp/seminar_electric/AB090129.php


  • 2008.12.15 (株)電子ジャーナル主催 Electronic Journal 第277回 Technical Seminar「タッチパネルの最前線★徹底検証」セミナーにおきまして弊社 副社長 板倉義雄が講演いたします。(2008.12.18 東京・御茶ノ水 総評会館にて)
    題名 : 「タッチパネルの技術・市場動向と今後の展望」
    http://www.electronicjournal.co.jp/


  • 2008.11.11 (株)情報機構主催 「タッチパネル技術の現状と今後」セミナーにおきまして弊社 材料事業部長 鈴木和嘉が講演いたします。(2008.12.12東京・御茶ノ水 中央大学駿河台記念館にて)
    題名 : 「タッチパネル技術・材料の最新動向」
    http://www.johokiko.co.jp/seminar_electric/AB081233.php


  • 2008.11.11 初芝電子 総合情報部、中華液晶網主催 「最新電子機器用タッチパネルの技術動向講座」セミナーにおきまして、弊社 材料事業部 課長 廉澤 教雄 が講演いたします(2008.12.10 中国上海 ・ 2008.12.12 中国深センにて)
    テーマ:「最新タッチパネルの技術動向 - タッチパネル技術の基礎から応用まで」
    テーマ:「抵抗膜式タッチパネルの最新測定技術」


  • 2008.11.5 第10回中国(深セン)国際高新技術成果交易会(ハイテクフェア)に出展いたしました。
    会期:2008年10月12~17日場所:中国深セン会展センター
    多くのお客様が弊社ブースに来場され、展示品を直接触れていただく機会をもつことができました。貴重なお時間をいただき誠にありがとうございました。尚、出展製品につきまして、ご質問・ご要望等ございましたら弊社HP「お問い合わせ」よりご連絡ください。
    展示品:22インチ タッチモニター ・ 22インチ 静電容量式 タッチPC ・ 各種評価装置


  • 2008.10.31 (株)テクノタイムズ社主催 第28回「月刊ディスプレイ」技術セミナーにおきまして弊社 副社長 板倉 義雄 が講演いたします。(2008.11.27大阪・大阪市 大阪府商工会館にて)
    題名 : 「タッチパネル材料の最新動向」
    *当セミナー 座長 : 三谷 雄二(弊社 代表取締役)
    http://www.techno-times.co.jp/28th-seminar.htm
    急成長のタッチパネル市場と技術動向「拡がりゆくタッチパネル市場のこれからと、その最新技術」


  • 2008.10.31 (株)プレスジャーナル 「Semiconductor FPD World」2008年11月号に弊社記事が掲載されています。
    Special Issue 新たな世界を創る FPDの次世代アプリ
    「タッチパネル研究所の抵抗膜式タッチパネル 様々な環境と用途に対応する製品を開発 さらなる大型化に向けた開発を推進」


  • 2008.10.10 (株)電子ジャーナル主催 Electronic Journal 第247回 Technical Seminar「LCD用光学フィルムの最前線」セミナーにおきまして弊社 副社長 板倉義雄が講演いたします。(2008.10.23 東京・御茶ノ水 総評会館にて)
    題名 : 「LCD用光学フィルム技術総論」
    http://www.electronicjournal.co.jp/


  • 2008.10.10 「FPD International 2008」にて弊社 代表取締役 三谷雄二が講演いたします。

    ◆チュートリアル T-11 タッチ・パネル10月29日(水)09:30-12:30
    題名 : 「タッチ・パネル基礎技術タッチ・パネルの基礎技術と応用製品」
    タッチ・パネルには入力原理が異なる主な4つの方式がある。光学方式,静電容量方式,超音波方式と抵抗膜方式である。これらはそれぞれの特徴を活かした用途で使い分けられている。 2007年には,アップル社が発表した「iPhone」に,ゼスチャー入力ができる新しいタイプの静電容量式のタッチ・パネルが採用されて話題になった。現在広く使用されるようになってきたタッチ・パネルの基礎,種類,入力原理,設計,構造,特性,製造プロセス,検査方法,評価装置および上部電極材料を構成する透明導電性フィルムの構成,特性や製造プロセスなどについて解説する。

    ◆A-32 タッチ・パネル 10月31日(金)09:30-12:30
    新たなユーザー・インタフェースとして進化するタッチ・パネル
    座長 : 弊社 代表取締役 三谷雄二
    題名 : 「タッチ・パネルの最新業界動向」
    タッチ・パネル業界は,ユーザー・インターフェース機能向上やさまざまなアプリケーションの登場により需要が急増し活気を呈している。2007年にApple社が発表した「iPhone」は,新鮮なデザインとゼスチャー入力という新しい機能が付加できる新しいタイプの静電容量式のタッチ・パネルが採用され,タッチ・パネル業界に衝撃を与えた。また,タッチ・パネル関連材料ビジネスへの新規参入企業,In Cell技術などの関連技術の開発,今後の課題などについて講演する。
    http://www.at-conference.jp/fpd2008/index.phtml


  • 2008.10.5 工業調査会「M&E(エムアンドイー)10月号」に弊社技術文献が掲載されています。
    特別記事(1)「FPD用光学フィルム技術動向」 弊社 副社長 板倉義雄


  • 2008.9.25 (株)電子ジャーナル主催 Electronic Journal 第233回 Technical Seminar「車載用ディスプレイ★徹底検証」セミナーにおきまして弊社 副社長 板倉義雄が講演いたします。(2008.9.25 東京・御茶ノ水 総評会館にて)
    題名 : 「車載用LCDのタッチパネルの現状と動向」
    http://www.electronicjournal.co.jp/


  • 2008.9.25 (株)技術情報協会主催 「透明導電膜における最新技術トレンド」セミナーにおきまして弊社 副社長 板倉義雄が講演いたします。(2008.9.26東京・青海 TIME24ビル会議室 3階 東3会議室にて)
    題名 : 「抵抗膜式タッチパネル用導電フィルムの技術動向」
    http://www.gijutu.co.jp/doc/s_809482.htm


  • 2008.9.25 (財)化学技術戦略推進機構 交流連携推進委員会 エレクトロニクス交流会 試験・評価企画グループ主催講演会におきまして 弊社 代表取締役 三谷雄二が講演いたします。(2008.9.30東京・千代田区 上智大学 9号館 2階 9-249号室にて)
    題名 : 「タッチパネルの開発動向とセンサーへの応用技術」
    http://www.jcii.or.jp/


  • 2008.8.27 「FPD International 2008」への出展が決定いたしました。小間No.5804に出展します。是非お立ち寄りください。
    展示予定:タッチパネル付液晶モニター、タッチパネル付液晶モジュール、パネルコンピュータ、監視認識カメラシステム

    フラットパネルディスプレイおよび製造装置・部品・材料の総合展示会+フォーラム
    FPD International 2008 -Displaying the Future-
    会期 : 2008年10月29日(水)~31日(金) 10:00~17:00
    会場 : パシフィコ横浜
    主催 : 日経BP社 共催 : SEMI


  • 2008.8.22 採用情報を掲載しました。


  • 2008.8.6 高分子学会 プラスチックフィルム研究会主催 「プラスチックフィルム夏季研究交流会2008」におきまして弊社 副社長 板倉義雄が講演いたします。(2008.8.28神奈川・鎌倉 KKR鎌倉わかみやにて)
    題名 : 「タッチパネルおよびその部材の市場動向、技術動向」


  • 2008.7.1 Newton ニュートン2008年8月7日号 「抵抗膜式タッチパネル」の記事において弊社 代表取締役 三谷雄二が取材協力致しました。
    http://www.newtonpress.co.jp/science/newton/index.html


  • 2008.7.1 (株)テクノタイムズ社主催 第26回「月刊ディスプレイ」技術セミナーにおきまして弊社 技術顧問 長谷 伊通 が講演いたします。(2008.7.17東京・御茶ノ水 総評会館にて)
    題名 : 「導電材料としてのCNTの動向」
    *当セミナー 座長 : 板倉 義雄(弊社 副社長)
    http://www.techno-times.co.jp/26th-seminar.htm
    ITOスパッター膜代替材料は?「透明導電膜材料の開発状況とその最新技術」


  • 2008.6.30抵抗膜式タッチパネルモニターの小展示会を開催いたします
    開催期間:2008年7月22日(火)~8月1日(金)
    弊社西八王子事務所にて(八王子市千人町2丁目3-17高橋ビル3F)
    展示品:タッチパネル付液晶モニター、タッチパネル付液晶モジュール、パネルコンピュータ、監視認識カメラシステム
    こちらの用紙をダウンロードのうえ必要事項をご記入いただき、FAXまたはメールにてお申込みください。ご来場お待ちしております。
    注意:評価機の小展示会と同時開催になりますが、お申込みは別口でお願いいたします


  • 2008.6.24 抵抗膜式タッチパネル評価機の小展示会を開催いたします
    開催期間:2008年7月22日(火)~8月1日(金)
    弊社西八王子事務所にて(八王子市千人町2丁目3-17高橋ビル3F)
    展示品:電気特性試験機・超高速電気特性試験機・打鍵試験機・ランダム打鍵試験機・簡易リニアリティ評価機
    こちらの用紙をダウンロードのうえ必要事項をご記入いただき、FAXまたはメールにてお申込みください。ご来場お待ちしております。


  • 2008.6.19 ディスプレイバンク主催「Korea Display Conference 2008」におきまして弊社代表取締役 三谷 雄二が講演いたします。(2008.7.3 Grand Ballroom, KINTEX 3F, ilsan Koreaにて)
    Small and Medium Sized Display Market and Touch Screen Panel Technology Trend
    題名 : 「Recent Technical Trend & Business Development in Touch Panel Industry」
    http://www.displaybank.com/kdc/2008jpn/


  • 2008.6.5 (株)電子ジャーナル主催 Electronic Journal 第197回 Technical Seminar「タッチパネルの最前線★徹底検証」セミナーにおきまして弊社 副社長 板倉義雄が講演いたします。(2008.6.17 東京・御茶ノ水 総評会館にて)
    題名 : 「各方式によるタッチパネルの現状と課題」
    題名 : 「抵抗膜方式によるタッチパネル開発の最新動向」 
    http://www.electronicjournal.co.jp/t_seminar/197.html


  • 2008.6.5 (株)技術情報協会主催 「タッチパネルにおける 最新技術動向と耐久性および定量評価技術」セミナーにおきまして、弊社 代表取締役 三谷 雄二 が講演いたします。(2008.6.23東京・御茶ノ水 中央大学駿河台記念館 680号室にて)
    題名 : 「タッチパネル技術開発動向」
    http://www.gijutu.co.jp/doc/s_806444.htm


  • 2008.6.5 第11回組込みシステム開発技術展(ESEC 2008)大盛況!!
    多くのお客様が弊社ブースに来場され、展示品を直接触れていただく機会をもつことができました。貴重なお時間をいただき誠にありがとうございました。

    尚、出展製品につきまして、ご質問・ご要望等ございましたら弊社HP「お問い合わせ」よりご連絡ください。
    展示品:タッチパネル付モニター・モジュール4点・パネルPC・防犯カメラモニターシステム・PLC等。


  • 2008.5.21 去る4月24日、八王子市中心市街地対策特別委員会の皆様が来社されました。
    本委員会に所属されている八王子市議会議員の方々が視察され、弊社のタッチパネルに直接触れていただいた後、医療機関など住民の福祉にタッチパネルを活用できないかといった内容で活発な議論が行われました。



  • 2008.5.21 (株)電子ジャーナル主催 Electronic Journal 第186回 Technical Seminar「透明電極材料の最前線★徹底検証」セミナーにおきまして、弊社 副社長 板倉義雄が講演いたしました。(2008.5.21 東京・御茶ノ水 総評会館にて)
    題名 : 「タッチパネル用フィルムの現状と最新動向」



  • 2008.4.30 組込み展システム開発技術展のブースが決定いたしました。
    東35-22 是非お立ち寄りください。
    展示 : タッチパネル付モニター(12・15・17・22インチ)、モジュール4点、パネルPC(22・17インチ)、防犯カメラモニターシステム、PLC




  • 2008.4.17 未来産研 ・ 初芝電子 総合情報部主催 「最新電子機器用タッチパネルの技術動向講座」セミナーにおきまして、弊社 材料事業部長 小野 陽一 、課長 廉澤 教雄 が講演いたします(2008.5台北市にて)
    テーマ:「最新抵反射タッチパネルの技術動向」


  • 2008.4.11 (株)テクノタイムズ社「月刊ディスプレイ5月号」に弊社技術文献が掲載されます
    「LCD搭載用タッチパネルの光学設計」弊社 副社長 板倉義雄
    「ITO代替技術動向」弊社 海外事業部長 長谷 伊通


  • 2008.4.11 (株)テクノタイムズ社主催 第24回「月刊ディスプレイ」技術セミナーにおきまして
    弊社 モニター事業部長 宮澤 収 が講演いたします。(2008.6.3東京・御茶ノ水 総評会館にて)
    題名 : 「抵抗膜方式タッチパネルと市場動向」
    *当セミナー 座長 : 三谷雄二(弊社 代表取締役)
    http://www.techno-times.co.jp/24th-seminar.htm


  • 2008.4.10 日刊工業新聞 2008年4月7日(月)にて弊社が紹介されました。
    「タッチパネル研、モニター利用したシステム開発事業に進出」 日刊工業新聞2008年4月7日


  • 2008.3.13 (株)日経ビーピーコンサルティング主催「2008-2009 電子機器の進化を読むキー・デバイス市場動向――薄型TVや「iPhone」「Wii」など注目機器が目白押し」セミナーにおきまして、弊社 代表取締役 三谷 雄二が講演いたします(2008.3.14 東京コンファレンスセンター・品川にて)
    題名 : 「タッチ・パネル応用市場動向」
    http://consult.nikkeibp.co.jp/consult/seminar/20080314.html


  • 2008.2.29 第11回ESEC組込みシステム開発技術展に出展いたします。
    主催:リードエグジビション ジャパン株式会社


  • 2008.2.29 (株)技術情報協会主催「抵抗膜・静電容量方式タッチパネルにおける 最新部材開発動向とその応用展開」セミナーにおきまして、弊社 モニター事業部長 宮澤 収 が講演いたします。(2008.3.24東京・五反田 ゆうぽうとにて)
    題名 : 「タッチパネル応用製品の技術動向」
    http://www.gijutu.co.jp/doc/s_803470.htm


  • 2008.2.13 読売新聞2008年2月13日(水)号 多摩版「企業探訪」にて弊社が紹介されました。
    「航空機用 高いシェア タッチパネル研究所」 「読売新聞」 2008年2月13日 


  • 2008.1.31 (株)情報機構主催 「光学フィルムの基礎と最新動向!」セミナーにおきまして弊社 副社長 板倉義雄が講演いたしました。(2008.1.31東京・大井町「きゅりあん」にて)
    題名 : 「FPD用光学フィルムの技術動向」


  • 2007.12.27 (株)技術情報協会より 「最新 導電性高分子 全集」 が発刊されました
    「高導電率化/経時変化の抑制/凡用有機溶媒への溶解性向上」
    執筆者 : 小野 陽一 、廉澤 教雄
    題名 : 第6章 第12節 「タッチパネル用電極としての導電性高分子材料の要求特性と技術動向」


  • 2007.12.21 (株)技術情報協会主催 「透過率・感度・信頼性の向上を目指す タッチパネルにおける設計技術と評価」セミナーにおきまして弊社 モニター事業部長 宮澤 収 が講演いたしました。(2007.12.21東京・王子 北とぴあにて)
    題名 : 「タッチパネル応用製品の技術動向」


  • 2007.12.18 (株)技術情報協会主催 「LCD用 光学フィルムにおける 材料設計・延伸・配向と成形技術」セミナーにおきまして弊社 副社長 板倉義雄が講演いたしました。(2007.12.18東京・芝 機械振興会館にて)
    題名 : 「LCD用光学フィルムの技術動向」


  • 2007.12.7 東京大学新聞2008年1月1日号 特集 「次世代インターフェース タッチパネル隆盛」の記事について取材を受けました。


  • 2007.11.29 (株)テクノタイムズ社主催 「性能・省エネ・低コストのキーテクノロジー FPD光学材料の最新動向」セミナーが開催されました。(2007.11.29. 東京・御茶ノ水 神田明神会館)
    副座長 : 弊社 副社長 板倉義雄


  • 2007.11.6 (株)電子ジャーナル主催 「LCD用光学フィルムの最前線 徹底解説」セミナーにおきまして弊社 副社長 板倉義雄が講演いたしました。(2007.11.6 東京・御茶ノ水 総評会館にて)
    題名 : 「LCD用光学フィルム技術総論」


  • 2007.10.17 (株)テクノタイムズ社より 月刊ディスプレイ別冊 「FPDの光学材料 ‐基礎から実用まで‐」 が発売されました。
    監修・執筆 : 弊社 副社長 板倉義雄
    題名 : 「FPD用光学材料総論」


  • 「首都圏情報産業特区・八王子」構想推進協議会のホームページ「サイバーシルクロード八王子」に、弊社が紹介されました。

本 社
東京都八王子市散田町5-27-19
TEL (042)666-6686 FAX (042)667-0180

モニター事業部 ・ 株式会社タッチパネルモニター・ジャパン
東京都八王子市元本郷町1-10-14
TEL (042)649-7651 FAX (042)649-7652





(C)2001-2010 Touch Panel Laboratories Allright Reserved.